社会福祉主事のやりがい、魅力

不安を抱える人の力になれること

社会福祉主事の一番のやりがいは、さまざまな不安や悩みを抱える対象者の相談にのり、適切な援助によって相手を助けられることです。

対象者が笑顔になってくれた瞬間、「ありがとう」と声をかけてくれたときは、毎回大きな喜びと達成感が味わえます。

人間相手の仕事だからこそ思い通りにいかないこともしょっちゅうありますし、ときには解決するのが難しいケースに遭遇することもあります。

ですが、困っている人を助けたいという気持ちを持っている社会福祉主事にとっては、自分が担当した人を救えたと実感できたときこそが、何よりのやりがいとなります。

公務員としての安定性とキャリアアップにも期待

社会福祉主事任用資格を取得した人の大半は、地方公務員として福祉事務所などの公的な施設で働いています。

そのため、給料や待遇はもちろん地方公務員としてのものが適用されますし、休日・休暇などもしっかりととることができます。

不安定だといわれる現代社会において、きちんと身分が保証され、安心して働けることは、この仕事の魅力のひとつだといえるでしょう。

また、なかには社会福祉主事任用資格を持って民間の福祉施設で働く人もいます。

この仕事は経験が財産となるため、努力を続けて仕事の幅を徐々に広げたり、介護福祉士、ケアマネージャー、社会福祉士など、他の福祉関連の資格取得を目指してスキルアップすることもできます。

社会福祉の職が必要とされる場面は多々あるため、自分の意欲次第で、可能性はいくらでも広がっていくといえるでしょう。

たくさんの人との出会いがある

社会福祉主事は、毎日たくさんの地域住民と接します。

一人ひとり抱えている問題や価値観、生活環境はさまざまであるため、マニュアル通りにはいきません。

「人」が好きな人にとってはとてもやりがいがある仕事ですし、奉仕の精神を持ち、世のため人のために働きたいという気持ちを、存分に発揮することができます。

また、社会福祉主事は、人の人生に深く関わる仕事でもあります。人間の温かみや奥深さを感じられることも、この仕事ならではの魅力といえるでしょう。