社会福祉主事の現状と将来性

社会福祉のニーズが多様化

いつの時代にも私たちが安心して暮らし続けるために、社会福祉の仕事に就く人は不可欠な存在です。

とりわけ、生活保護の受給世帯が右肩上がりを続ける現代の日本では、社会生活を送ることが困難な人の援助を行う社会福祉主事の役割がますます大きなものとなっています。

いま、ニュースでは高齢化に関する問題がたびたび取り上げられていますが、これからの福祉業界においては、老人福祉に関する仕事がさらに増えていくことが予想されています。

また、社会福祉のニーズが多様化していく中、業界の第一線で働く社会福祉主事にも、幅広い専門知識や高度な相談援助の技術が求められていくと考えられます。

福祉サービスの向上とともに成長が必要

社会福祉主事の仕事と切っても切り離せないのが「介護保険制度」ですが、近年、この制度の改正がたびたび行われています。

そのため、社会福祉主事は常に最新の知識を得たうえで、相談者のニーズを素早く理解し、適切に各ケースに対応することが必要になってくるといえます。

また、ニーズが多様化するとともに、社会全体で福祉サービスを向上させようという気運も高まっています。

しかしながら、日本では福祉の仕事に対して「きつい」といったイメージを抱く人も多く、まだまだ人手が足りない施設も多いようです。

特別養護老人ホーム、デイサービス、ショートステイなど、社会福祉主事任用資格の取得者が活躍できる民間施設は増えつつあり、これからこの仕事を目指していく人にとってはチャンスが広がっているといえます。

社会福祉に対する興味、そして何よりも「困っている人を助けたい」という熱意を持って日々努力できる人であれば、きっとやりがいを持って力を発揮していけることでしょう。