社会福祉主事向いている人、適性

困っている人を助けたい気持ちが強い人

社会福祉主事に向いているのは、社会福祉に関する興味があるうえで、「困っている人を自分の力で助けたい」と思えるような、正義感の強いタイプの人です。

相手の困りごとを解決することで社会に貢献したいという気持ちを持てる人であれば、まさに社会福祉主事には向いているといえるでしょう。

また、対象者が抱える問題はさまざまです。

そのあらゆる問題を解決していくためには、社会福祉の広い知識が必要となるため、貪欲な姿勢で自ら積極的に勉強できる人もこの仕事に適しています。

相手の立場で物事を考えられる人

社会福祉主事が接する相手は、社会的に弱い立場に置かれている人も多くいます。

そんなとき、相手を見下したり偏見をもって接したりしてはいけません。まずは客観的に、かつ親身になって話を聞く姿勢が何よりも大切になります。

そのため、どんな状況に置かれている人に対しても平等に接せられる人、そして相手の立場に立って物事を考えていける人が、この仕事には向いているといえます。

人とコミュニケーションをとるのが苦にならない人

社会福祉主事をはじめ福祉業界の現場で働く場合には、他者と密なコミュニケーションをとることが不可欠となります。

とりわけ社会福祉主事の相談援助業務は、何よりも対象者との面談を通して、相手のニーズや困りごとを把握することが基本となります。

また、仕事では対象者のみならず、医療関係者など関連機関の専門スタッフと連携をとる必要が出てくる場面も多々あります。

関係者との連携の図り方などは経験や知識を積むに従ってうまくなるところもありますが、少なくても人とコミュニケーションをとることが苦にならないということは、社会福祉主事としてやっていくために絶対に必要な要素だといえるでしょう。

とくに人の世話をするのが好きであり、細やかな気配りが得意な人であれば、存分に力を発揮することができるはずです。