社会福祉主事のつらいこと、大変なこと、苦労

上手に接するのが難しいと感じることも

社会福祉主事は基本的に、公務員として福祉事務所などで勤務します。

そこでは、高齢や病気、障害等によるさまざまな問題を抱える人の相談援助業務を行いますが、最近では「生活保護」に関する内容が多くなっています。

生活保護に関わる仕事は、社会福祉主事の業務の中でもとりわけ大変なものとして知られています。

生活保護を受ける人は精神に障害を抱えている人や犯罪歴がある人などもいるため、一般の人に比べて対応が少々難しく、ときには相手から暴言を吐かれたり、精神的なストレスを受けたりすることもあるでしょう。

公務員というと、「安定していて楽に働けそう」というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、職場によっては一人の社会福祉主事がたくさんの相談者を担当しなければならなったりと、激務だと感じることもあるかもしれません。

社会常識と人間力が問われる仕事

社会福祉主事にとって大切なのは、相談者と信頼関係を築くことです。

そのためには、相手がどのような立場にあるのか、何に悩んでいるのかを素早く見極める能力、そして会話を上手に進めていくためのコミュニケーション能力が欠かせません。

そのためには、福祉はもちろん社会情勢に精通し、一般常識の知識まで備えておく必要がありますし、何よりも自分自身の人間性こそが問われる仕事です。

仕事に追われる中でも勉強を続け、あらゆる人から信頼されるだけの器の大きな人間を目指さなくてはならないことは、この仕事のやりがいとなりますが、大変なところでもあるといえるでしょう。

マニュアル通りにはいかない

社会福祉主事が対応するケースは、100件あれば100件とも内容が異なります。

もちろん、似たようなケースに遭遇することはありますが、対象者が異なれば、置かれている状況や抱えている悩みなども少しずつ異なるため、そのケースにベストな解決策を考えていかなくてはなりません。

そのため、新人のうちはどう対応していけばよいのか、悩むことのほうが多いかもしれません。しかし、経験は必ず自分の財産となりますし、頑張れば頑張るほどうまく対応できるようになるでしょう。

人間相手の仕事だからこそ、マニュアル通りの一筋縄ではいかないことも多々ありますが、きっとこの仕事の奥深さを感じられるはずです。