社会福祉主事の就職、求人募集状況

安定した需要がある仕事

社会福祉主事は、基本的に地方公務員として各自治体の福祉事務所などで勤務します。

そのため、この仕事に就くためには社会福祉主事任用資格を得たうえで、地方公務員試験を受けて採用され、該当する職場に配属される必要があります。

社会福祉主事は「行政職」あるいは「福祉職」のどちらかの区分で採用されることがほとんどです。

このうち、「行政職」はいわゆる事務等を担う職種であるため、たとえ試験に合格して採用されても、必ずしも社会福祉関連の部署に配属されるとは限りません。

どの自治体においても、試験自体はほぼ定期的に行われているため、なるためのチャンスは存分にあるといえるでしょう。

もし配属されなかったとしても、その後の人事異動で社会福祉主事として働ける可能性もあります。

現状、一部の都道府県を除いて「福祉職」での採用はまだあまり多くないため、試験の面接では、社会福祉主事として働きたい熱意を伝えることも大切です。

民間でも有資格者が求められている

このほか、最近では特別養護老人ホームやデイサービスセンターなどの民間でも、社会福祉主事任用資格を採用に関する応募要件として掲げる施設が目立ち始めています。

施設によって業務内容は若干異なりますが、ニーズが拡大していることと、人材不足の傾向が見られる仕事であるため、これから目指す人にとっても十分にチャンスがあるといえます。

また、アルバイトとしての求人もそれなりに出ています。たとえアルバイトスタートであっても、仕事に対する熱意と成果が認められれば、いつか正職員になれる可能性もあります。

社会福祉主事は、多様なケースに対応する中で徐々にスキルアップしていきます。

経験を武器としてアピールしやすい仕事でもあるため、正職員としてなかなか良い就職先が見つからないようであれば、別の形で経験を積むことを考えてみるのもひとつの手といえます。