社会福祉主事になるには

社会福祉主事任用資格を取得する

社会福祉主事になるには、社会福祉主事任用資格を得たうえで、各都道府県の公務員試験に合格する必要があります。

社会福祉主事任用資格を得る方法はいくつもありますが、代表的なものは以下の2つです。

(1)大学・短大等で厚生労働大臣の指定する社会福祉主事任用資格選択必修科目のうち、いずれか3科目以上の単位を修得して卒業する
(2)厚生労働大臣の指定する養成機関または講習会の課程を修了する

このほか、社会福祉士、精神保健福祉士の資格を取得することや、厚生労働大臣の指定する社会福祉事業従事者試験に合格した場合等も、社会福祉主事任用資格を得たものとして認められます。

指定の学校で学ぶ

社会福祉主事任用資格を得るためには、上記の(1)(2)で挙げた通り大学等のほか、指定された学校で学ぶルートが一般的なものとなっています。

まず(1)に関してですが、ここでいう「指定科目」には、「社会福祉概論」「児童福祉論」いった直接社会福祉に関わるものから、「法学」「経済学」「倫理学」など一般的なものも多くなっています。

なお、指定科目は時代によって科目名が変更されています。自身が履修した科目が該当するかどうか判断する際には、卒業した年度において規定されていた指定科目名に基づいての確認が必要となります。

続いて(2)に関してですが、養成機関には主に福祉系の専門学校があります。基本的には通学制となっていますが、なかには通信課程を置く学校もあります。

これらの学校を卒業すると、社会福祉主事任用資格を得ることができます。

任用される必要がある

注意しておきたのは、たとえ社会福祉主事任用資格を得て公務員採用試験に合格しても、社会福祉主事としての仕事に就けないケースもあるということです。

社会福祉主事は、公務員試験合格者のうち、社会福祉主事任用資格を持つ人の中から任用されます。

都道府県ではさまざまな業務を担っているため、その時々によって状況は異なりますが、社会福祉関連以外の部署に配属されることもあります。

ただし、最近は社会福祉主事を「福祉職」として別枠で募集をかける自治体が増えているため、その枠で採用されれば基本的に社会福祉主事として働くことができるでしょう。