社会福祉主事の勤務時間、休日

勤務時間

福祉事務所等において、地方公務員として働く社会福祉主事の勤務時間は、基本的に8:30〜17:15となっており、1週間当たりの勤務時間は38時間45分に設定されています。

来所面談や家庭訪問などは日中行うため、夜勤が入ることはまずありません。

ただし、ケースによっては時間外の対応をしなければならないこともあるため、時間外勤務が発生する可能性もあります。

なお、常勤職員として働く以外に、自治体によっては「任期付短時間勤務職員」などを募集し、1日6時間程度の勤務をする人もいます。

休日

土・日曜日の週休2日制となっているほか、祝日、年末年始は休みです。

休暇としては、年次有給休暇、病気休暇、特別休暇(夏季休暇、育児休暇、忌引休暇、結婚休暇)など、さまざまなものがあります。

社会福祉主事は激務?

社会福祉主事は、基本的に公務員としての待遇を受けながら安定した環境で働くことができますが、近年では生活保護に関する新規申請の数が激増しているといわれ、社会福祉主事の仕事量も増加傾向にあるようです。

自治体によって事情は異なるようですが、深夜まで残業をしなくてはならなかったり、比較的休日出勤が多い職場もあるといわれています。

また、業務を通じてさまざまな人と関わること、地域住民から直接クレームを受けるようなこともあるため、どうしても精神的なストレスを感じやすい仕事でもあります。

こうしたことから、社会福祉主事の仕事は激務だといわれることが多いようです。

デイサービスなどで勤務する場合

特別養護老人ホームやデイサービス等、民間の福祉施設に「相談員」といったの形で勤務する場合も、基本的には日勤となります。

勤務時間は8時〜18時くらいの間で、フルタイムであれば1日実働8時間程度働きます。

このほか、非常勤スタッフとして、1日に3〜4時間程度の短時間勤務をする人もいます。

休日に関しては、曜日固定の週休2日制であったり、4週8休のシフト制であったりと、施設によって異なります。