社会福祉主事の一日

社会福祉主事の主な勤務先は、全国の都道府県や市区町村に設置された福祉事務所となります。

日によって1日の過ごし方は若干異なりますが、主に来訪者との面談や問い合わせ対応、事務処理などの「内勤」と、訪問調査のために家庭訪問を行う「外勤」の2種類の仕事があります。

このほか、社会福祉主事任用資格を生かし、特別養護老人ホームやデイサービスなど民間の施設で「生活相談員」としての業務を行う人もいます。

ここでは、福祉事務所で働く人とデイサービスで働く人、この2通りの社会福祉主事のある1日の過ごし方を紹介します。

福祉事務所で働く社会福祉主事のある1日

8:00 出勤

少し早目に出勤し、同僚に挨拶。落ち着いて仕事の準備を整えます。

8:30 朝礼

当日の予定を確認したり、特別なケースについての情報を共有したりします。

9:00 面談

来訪者との面談を行います。そのほか、電話での問い合わせ対応など、午前中は内勤となります。

12:00 休憩

午後からの仕事に備えてしっかりと昼食をとります。

13:00 訪問調査

生活保護申請者の自宅に出向き、生活状況などについて調査を行います。1日に数件回ることもあります。

17:00 事務所へ戻る

メールチェックや訪問調査に関する書類を作成します。

19:00 退勤

訪問調査が長引いたり、残務処理に時間がかかったりすると、もう少し帰りが遅くなることもあります。

デイサービスで生活相談員として働く人の1日

08:30 出勤

メールチェックをした後、朝礼で1日の予定を共有します。

09:00 相談業務

利用者に対して、個別状況に応じた相談業務を行います。

12:30 休憩

13:30 自宅訪問

デイサービスの利用を検討中の方の元へ出向き、本人や家族と面談を行います。

15:00 レクリエーション

利用者とのコミュニケーション。一緒にレクリエーションを楽しむこともあります。

16:00 送迎

利用者の方を自宅まで送り届けます。

16:30 掃除、片付け

施設内をきれいに掃除します。

17:00 事務処理

資料に目を通したり、書類整理、翌日の仕事の準備をします。

17:30 退勤

残業はあまり多くありません。