社会福祉士に向いている人、適性

人と接することが得意

社会福祉士という仕事は、多くの人と関わる仕事です。

高齢者や障害を持った方などはもちろんですが、その方たちをつなぐ橋渡し的な存在でもあるために、行政の各方面の関係者とも一緒に仕事をします。

そのため、普段から人に接することが得意である、苦ではない、というような方が向いているといえるでしょう。

相手の話をしっかり聞ける・理解できる

社会福祉士は相談業務が中心ですので、人の話を聞くことが得意、好きな方もこの仕事をおすすめできます。

人の話を最後まで聞くことは簡単そうで難しく、自分の話をしたがったりしてしまいがちですが、相談業務で問題解決をするためには、相手の状況を正確に把握し、複雑な気持ちを理解することが必要です。

相手と真剣に向き合いながら、話を聞く姿勢ができる人は社会福祉士になる素質があるでしょう。

ニーズを読み取る能力

社会福祉士として仕事をする上で欠かせないのは、相手のニーズを読み取る能力です。相手と会話をしながら、この人はどんなことを求めているのか、何をしたいのかなど、会話の中から相手のニーズを読むことが重要です。

相談内容に応じて、的確に判断し、その人に合ったサポートや情報の提供ができるように、多くの情報や引き出しを持っていることが社会福祉士には求められてきます。

また、支援をする方はもちろん、その家族や他の専門職など多くの人たちと関わりながら仕事をしていくので、自分のことだけでなく、人の気持ちを理解できる方こそ社会福祉士にふさわしいといえます。

信頼関係を構築できる

社会福祉士が、高齢者や障害者、子どもなど、問題を抱えている人たちのニーズに応え、その人に合った支援や援助、相談を行うためには、相談者に信頼されることが何よりも重要です。

常に相手の立場に立って考えて、相手の要望を丁寧に聞くことで、信頼関係が生まれてきます。

自分の意見や考え方を押し付けるのではなく、どんなことを望んでいるのか把握するようにしましょう。

向上心がある

相談を受けた中で、自分一人で解決できない問題の場合は、各機関や病院などと連携しサポートしていく体制が必要になってきます。

物事を一つの方向から捉えるのではなく、さまざまな角度、方向から問題解決に向けてアプローチしていけるようになることが社会福祉士に求められています。

向上心を持って、どんな問題でも自分の力を最大限に出しながら、現状と向き合い、知識や技術の習得に励んでいこうとする姿勢が重要です。

相談業務を数多くこなしていても、途中でつまずくことは誰にでもあります。そんなときに、さらに上の自分を目指せるかどうかで社会福祉士としての今後が決まってくるのかもしれません。

仕事体験談