社会福祉士とソーシャルワーカーの違い

社会福祉士とソーシャルワーカーは同じ?

社会福祉士について調べていくと、必ず「ソーシャルワーカー」という言葉をしばしば見かけることになるでしょう。

社会福祉士とソーシャルワーカーは同じ仕事という認識を持っている人もいるかもしれません。

しかし、厳密にいえば、両者はまったく同じものではありません。

まず、社会福祉士は「社会福祉士」という国家資格のことを意味しており、つまりは法律上の名称です。

一方、ソーシャルワーカーは職種名であり、福祉的な観点から日常生活を送るうえで困っている人を助け、相談援助に携わる仕事をします。

社会福祉士以外のソーシャルワーカー

社会福祉士は、ソーシャルワーカーとして専門的に働く人が取得する国家資格の一つです。

それ以外に、同じ福祉領域で精神障害者を支援する「精神保健福祉士」の国家資格を持つ人も、ソーシャルワーカーとして働いています。

さらに、なかには資格を持たずにソーシャルワークを行っている人もいます。

つまり、ソーシャルワーカーとは、社会福祉士と精神保健福祉士、さらに資格を持たずに福祉の相談援助業務に携わる人までを含めたものになります。

ソーシャルワーカーの仕事

ソーシャルワーカーの種類

一般的には、社会福祉士の有資格者をソーシャルワーカーと呼ぶことが多いようです。

しかし、ソーシャルワーカーという広義の職種名を肩書きにして仕事をしている人はそう多いわけではありません。

ソーシャルワーカーは、勤務先によってさまざまな呼ばれ方がなされています。

たとえば、公立の福祉事務所では「ケースワーカー」、社会福祉施設では「生活相談員」、児童養護施設では「児童相談員」といった名称がよく使われています。

ケースワーカーの仕事
生活相談員の仕事

また、医療機関では「医療ソーシャルワーカー(MSW)」と呼ばれることも多いようです。

こうした、さまざまな場所でソーシャルワーカーとして働くための方法のひとつとして、社会福祉士の国家資格取得を目指すことになります。

仕事体験談