社会福祉士と精神保健福祉士の違い

どちらも福祉領域で困っている人を助ける専門職

社会福祉士と精神保健福祉士は、両者とも福祉領域の国家資格であることから、違いがわかりにくいという印象があるようです。

実際、どちらの仕事も、身体や精神上の問題などによって日常生活を送ることに支障がある人たちの相談に乗ったり、助言や支援を行います。

では、両者の違いはどこにあるのでしょうか?

社会福祉士と精神保健福祉士の一番の違いといえるのは、対象者、つまりどのような人と接し、サポートしていくかという点にあります。

対象者や活躍の場が異なる

社会福祉士は、高齢者や障害者、子ども、あるいは低所得者など、幅広い対象者を支援していきます。

一方、精神保健福祉士の場合は、とくに精神に何らかの病気や障害を持つ人を対象として支援を行います。

こうしたことから、両者では活躍の場も少しずつ異なります。

社会福祉士は、社会福祉施設、福祉事務所、児童相談所、病院、保健所といったさまざまな場で働きます。

医療機関では「医療ソーシャルワーカー」と呼ばれたり、障害者施設では「生活指導員」と呼ばれることもあります。

最近は、高齢者施設でも社会福祉士が求められるケースが増えているようです。

一方、精神保健福祉士の活躍の場は、精神病院や総合病院の精神科といった医療現場が中心になります。

加えて、精神保健福祉センター、保健所、福祉ホームといった精神に障害を抱える人の生活を支援するさまざまな施設や機関で働くことができます。

精神保健福祉士の仕事

資格の取得方法にも違いが

社会福祉士や精神保健福祉士になるには、まずどちらも福祉系の大学・短大で指定科目を修了したり、相談援助の実務経験を積むなどの方法によって受験資格を得たうえで、国家試験に合格する必要があります。

両者の国家試験には共通科目も多くあります。

科目の免除制度を利用して、二つの資格を取得して働く人もいます。

なお、社会福祉士の専門科目は難易度が高いとされ、精神保健福祉士の国家試験合格率がだいたい60%なのに対し、社会福祉士は30%程度と低めになっています。