社会福祉士とケアマネージャーの違い

社会福祉士とケアマネジャーは、どちらも福祉領域で働く専門職ですが、仕事内容や役割などには違いがあります。

ここでは、両者のさまざまな違いについて紹介していきます。

社会福祉士の仕事とは

社会福祉士は、自治体の福祉施設や医療機関などで「ソーシャルワーカー」として働く人が持つ国家資格です。

病気や障害などによって日常生活上の支援が必要な人の相談にのり、助言や指導を行います。

高齢者だけでなく、児童や障害を抱える人、家庭環境に問題を抱える人など、幅広い分野の人を対象とすることが特徴です。

ケアマネジャーの仕事とは

ケアマネジャーは、正式名称を「介護支援専門員」といい、介護を必要とする人(要介護者)の「ケアプラン」を立てる仕事です。

ケアプランとは、要介護者の状態を見極めて、福祉・医療・保健の各関係機関と連携をとりながら、どのような介護サービスを提供していけばよいかをまとめた計画書です。

そして、ケアプランに沿って介護サービスが適切に実行されているかのチェックも行います。

ケアマネジャーが対象とするのは、おもに高齢者という特徴があります。

ケアマネジャーの仕事

資格の違い

社会福祉士は、社会福祉士国家試験に合格することによって得られる国家資格です。

一度取得すれば永久的に有効な資格です。

一方、ケアマネジャーは都道府県が認定する公的な資格で、5年ごとの更新が必要になります。

両者は受験資格も異なり、社会福祉士の場合は4年制の福祉系大学で指定科目を履修して卒業することのほか、福祉系短大や一般大学および短大などで学び、一定期間の相談援助業務を得るなどのさまざまなルートがあります。

ケアマネジャーは、保健・福祉・医療分野での国家資格を持ち、5年以上、900日の実務経験があることや、老人福祉施設や在宅介護業務に従事する人、または施設長などで5年から10年の実務経験がある人などが受験資格を満たしているとみなされます。

どちらの資格を取得すべき?

簡単にいえば、社会福祉士とケアマネジャーは、業務範囲に大きく差が出てきます。

社会福祉士は、「児童福祉」「家庭福祉」「障害福祉」「高齢者福祉」「生活保護」「障害者の就労支分野」「法務」といった幅広い分野で相談援助業務に携わることができます。

一方、ケアマネジャーは介護保険制度に則って、介護の必要な高齢者を対象に介護に関する相談援助や、各種介護保険関連の手続きを行います。

介護領域の専門職として力を発揮したいのであればケアマネジャーが向いているといえますが、より幅広い人に対して社会福祉の専門知識を発揮しながら力になりたいのであれば、社会福祉士が向いているといえるでしょう。

ケアマネジャーとして実務経験を積み、その後、社会福祉士の国家資格取得を目指す人もいます。

しかし、近年ケアマネジャー試験は合格率が下がっていることもあり、一概にどちらのほうがなるのが簡単というわけではないことには注意が必要です。

仕事体験談