社会福祉士の資格

資格取得のメリット

社会福祉士の資格を習得していると、利用者の方との信頼関係の構築に役立ちます。

「社会福祉士」という肩書きによって、利用者に安心感を与えることができます。安心感から、心を開きやすくなり、利用者の考えていることや素直な気持ちを引き出すこともできるでしょう。

資格を持っていることで、自分自身にも自信がついて、より利用者に合ったサービスの提供や指導なども行えますし、他の福祉機関や行政機関との連携がスムーズにいくケースもあるでしょう。

就職の際も、資格があると雇用側は即戦力として見込むことができます。一定の知識と経験があるとみなされるため、就職先にとっては評価されることが多いようです。

社会福祉士の受験資格

社会福祉士の資格をとるためには、国家試験に合格することが必要です。社会福祉士の国家試験を受けるためには「受験資格」を満たしていなければなりません。

福祉系の大学へ4年間通い卒業と同時に受験資格が与えられる場合と、福祉系の短大に2年間通い、さらにそこから実務経験を2年間積んだ後で受験資格が与えられる場合など、受験資格を得る方法はいくつかあります。

社会福祉士になるには

取得しておくと有利な資格は?

社会福祉士が取得しておくと有利な資格として「社会福祉主事」というものがあります。社会福祉主事は、福祉関係の大学や養成校などを卒業した人が持つことのできる資格です。

そして、その社会福祉主事任用資格を持つ方が、公務員として各都道府県や市の福祉事務所などに実際に就職し働くことになった際に「社会福祉主事」と名乗ることができます。

社会福祉士の関連資格

福祉関係で社会福祉士と関連の深い資格は、「介護福祉士」と「精神保健福祉士」です。

介護福祉士の仕事
精神保健福祉士の仕事

介護福祉士は高齢者や身体が不自由な人に対して介護を行うのが主な仕事で、食事の介助や入浴介助、トイレ誘導などを行います。介護職や高齢者の福祉などに関する資格です。

社会福祉士や精神保健福祉士と比べると、比較的簡単に取ることができます。

精神保健福祉士は、基本的に精神障害者を対象に、社会復帰促進について相談や支援を行っていきます。

このほかには、ケアマネジャーの資格などもあります。

ケアマネジャーの資格

ケアマネジャーは、介護福祉士や社会福祉士の資格所有者、もしくは相談援助業務に従事経験がある人、介護などの業務に従事経験がある人で5年以上の実務経験が必要になります。

保健、医療、福祉の幅広い専門的な知識と経験が必要な資格なので、資格を得るためには長い年月がかかります。

複数の資格を取得することは非常に大変ではありますが、社会福祉士だけでなく、関連性のある資格を持っているとこれからの仕事に大いに役に立つでしょう。

仕事体験談