高卒で社会福祉士の資格を取るには

福祉系の4年生大学へ入学が近道

高卒の場合、国家資格である社会福祉士の試験を受ける資格は満たしていませんので、まずは受験資格を得ることが必要となります。

また、受験資格を得るための養成施設の入学資格もない状態です。

一番良い方法は、高等学校卒業程度認定試験(高認)に合格し、福祉系の4年生大学へ入学することです。しかし、経済的に難しかったり、大学受験のために勉強したりとある程度覚悟が必要になります。

福祉系の4年生大学へ入学することができれば、4年間しっかりと勉強や実習をして、少しでも現場について知り、卒業見込みと同時に受験資格を得ることができます。

短大、専門学校への入学

4年生大学が難しい場合は、福祉系の短大などへの入学も考えてみましょう。

実習などをこなしながら2年間しっかりと通い、卒業後、福祉施設などの現場で実務経験を2年積むと、受験資格が得られます。

また、社会福祉主事の養成機関など福祉系の専門学校へ入学し、卒業後に実務経験を2年間積むことで受験資格を得るという方法もあります。

受験資格として必要な「実務経験」とは?

ここでいう「実務経験」とは、社会福祉士を目指すための相談援助業務のことをいいます。介護職やヘルパーなどの業務では、実務経験に含まれません。

実務経験を積む場合には、少しずつ計画を立てながら、社会福祉士の国家試験に向けて勉強していくことが大切です。

どうしても、働き始めると時間がなくなり、今まで目標としてきた社会福祉士への志が少しずつ小さくなっていってしまうので、目標を忘れずに受験当日まで、地道にコツコツと試験対策をしておくことが資格取得への近道です。

最低4〜5年の努力が必要

どのプランで受験資格を手にするかは自分に一番合っている方法を選ぶと良いでしょう。また、入学する前には各大学や短大、専門学校などの見学をおすすめします。

いずれにしても、高卒の場合ですと受験資格を得るまでの道のりは最低でも4〜5年は必要となってきます。高卒から社会福祉士の資格を取得するには、かなりの努力と時間がかかると思った方がいいでしょう。

長い道のりとなりますので、どんなことがあっても目標に向かって諦めないという強い気持ちが求められます。

現場に出てみると嫌なことも多々ありますし、我慢しなければならない場面も出てきますが、忍耐強く目標を見失わずに試験当日までがんばってみましょう。

そうすれば、今までの過程での苦しみや耐えてきたことが良い結果として返ってくるはずです。自分を信じて最後まで全力で国家試験にチャレンジすることが必要です。

仕事体験談