社会福祉士の就職先と活躍の場

社会福祉士の活躍の場はさまざま

社会福祉士の活躍の場は、

・老人ホームや児童福祉施設
・知的障害者施設などの社会福祉施設
・地方自治体の福祉事務所
・病院、保健所などの医療機関
・福祉サービスを行う民間企業

などになります。

社会福祉士の業務内容は多岐に渡り、就職先によって変わってきます。

介護の現場

社会福祉士は介護の現場でも活躍しています。

・高齢者福祉施設
・ケアハウス
・グループホーム
・短期入所型施設
・地域包括支援センター

など介護を必要とする施設に相談業務の専門家として働くことができます。

施設入居を希望する利用者の方や、その施設を利用したい方に対してのアドバイスや相談などを受けたりします。

医療の現場

社会福祉士が勤務する医療の現場といえば、主に病院関係が挙げられます。

総合病院などの大きな病院では、医療保険の説明をしたり、不安な患者さんのために少しでも話を聞いて、不安を和らげるとともに療養後の経過などさまざまなマネジメントを行います。

福祉の現場

福祉の現場では、各地域の社会福祉協議会において、相談業務を行っています。

各地域の人々のさまざまな相談に応じて、暮らしやすい町作りのお手伝いをしたりします。

市民の声に耳を傾けて、より良い福祉サービスの提供ができるように、各施設や自治体などと連携していくのも大切な役割です。

その他の施設

その他、下記の施設で活躍する社会福祉士もいます。

・知的障害者福祉施設や身体障害者福祉施設
・児童相談所
・母子支援施設
・精神障害者福祉施設

どこで働くにしても利用者の立場に立つことが重要

どの職場、施設でも、利用者の方との信頼関係を築き適切な助言やアドバイスができるかどうかが大切です。

今まで勉強してきたことや、経験してきたことを活かして、利用者の方に喜ばれたときなどは、やりがいを感じることができるでしょう。

利用者の立場に立ってサービスの提供をし、利用者の心の声をどれだけ引き出せるかによって、社会福祉士の貢献度は変わってきます。

仕事体験談