看護師から社会福祉士になるには

おもに医療現場で活躍する看護師が、福祉の専門家として力を発揮する社会福祉士への転職を考えたとき、いったいどのような道をたどればいいのでしょうか。

ここでは、看護師から社会福祉士になる方法を紹介します。

学歴を確認する

社会福祉士になるには、社会福祉士の国家試験を受けて国家資格を取得する必要があります。

この国家試験には受験資格が設けられており、福祉系の4年制大学で指定科目をすべて履修していれば、すでに受験資格を満たしています。

しかし、看護師として働いてきた人の多くは看護の専門学校もしくは看護大学を卒業していることでしょう。

看護大学も含めた4年制大学卒業生の場合、一般養成施設等で1年以上の課程を修了しなくてはなりません。

なお、3年制の看護学校の卒業生であれば、1年以上の相談援助の実務経験を経ることで一般養成施設に入学することができます。

社会福祉士の資格取得ルートは複数あり、学歴によって必要な実務経験などが異なるため、よく確認しておく必要があります。

相談援助の実務経験について

「相談援助の実務経験」の内容は細かく規定されており、それに該当していないと認められないため注意が必要です。

通常、病院で働く看護師の業務では、相談援助業務を行っているとは認められません。

たとえば児童相談所の相談員、老人福祉施設の生活相談員、障害者施設のケースワーカーといった職種が相談援助業務の実務経験に含まれてきます。

なお、看護学校卒業生でも、福祉系の通信制大学に編入することができれば、卒業と同時に社会福祉士国家試験の受験資格が得られます。

未経験者がいきなり現場で相談援助の実務経験を積むのは簡単なことではないため、社会福祉士国家試験受験のために学歴を確認したうえで実務経験が求められる場合には、編入を検討したほうが早いかもしれません。

一般養成施設について

4年制の看護大学の卒業生や3年制の看護学校卒業後に1年以上の実務経験を積んだ人は、社会福祉士の一般養成施設で1年以上学ぶことが求められます。

一般養成施設の期間は施設によって1年~2年となっていますが、その多くが通信課程や夜間課程となっているため、働きながらでも学ぶことが可能です。