社会福祉士の需要

高齢者に対する需要が拡大

社会福祉士は、高齢や病気、障害といった何らかの理由によって日常生活を送ることが難しい人の相談にのり、助言や指導を行う仕事です。

「高齢者介護」「障害者支援」「生活保護」「児童福祉」など幅広く福祉分野に関わり、さまざまな年代や環境に置かれている人の相談にのっていくため、福祉分野の総合職のような立場で仕事をしていきます。

なかでも、高齢化が進み続ける現代の日本では、高齢者に対する需要が拡大傾向にあるようです。

介護施設に入所する利用者から生活上の相談を受けたり、介護サービス利用者が自立した生活を送るための援助計画を立てたり、ときに病院など関係機関と連携を図りながら、必要な公的手続きの代行を行ったりすることもあります。

社会福祉に関する幅広い専門知識を有し、対象者一人ひとりとしっかり面談をしながら、相手の困りごとを解決に導いてきます。

多様な場所で相談援助業務を行っている

なお、社会福祉士は国家資格の名称であり、実際に社会福祉士という肩書きをつけて働いている人はそこまで多くありません。

実際には、社会福祉士の資格を持った人は、老人福祉施設で「生活相談員」として働くケースが一般的です。

生活相談員の仕事

このほか、病院では「医療ソーシャルワーカー」、福祉事務所では「ケースワーカー」という名称で働く社会福祉士が多いですが、相談業務自体は社会福祉士の資格がなくても行うことができるため、必ずしもこれらの場で社会福祉士が採用されるとは限りません。

ソーシャルワーカーの仕事
ケースワーカーの仕事

介護職としての仕事も多い

社会福祉士の資格を持っていても、介護施設では介護職を兼務している人も少なくないようです。

つまり、実際に利用者の身体介護などを行い、なかには介護の仕事が業務のほとんどを占めるようなこともあります。

ひとくちに社会福祉士といっても職場によって仕事内容は異なるため、就職や転職の際は、応募の前によく確認しておいたほうがよいでしょう。

しかし、現在はデイサービスなどの介護事業所には生活相談員を置くことが義務化されており、生活相談員になれる社会福祉士は、その点で就職に有利といえるでしょう。

もちろん、社会福祉士はその専門知識を持って、高齢者のみならず、児童やその保護者、障害を抱える人などさまざまな人を助けることができます。

仕事体験談