社会福祉士になるまでの費用

国家試験の応募資格を得るための費用

社会福祉士として働くには、社会福祉士の国家試験に合格する必要があります。

この国家試験には受験資格が設けられており、受験資格を得るためには大きく以下のいずれかのルートをたどらなくてはなりません。

1. 福祉系の4年制大学で所定の課程を修了する
2. 福祉系の短大で所定の課程を修了し、実務を1~2年経験する
3. 一般の4年制大学を卒業し、一般養成施設に1年以上通学する
4. 一般の短大を卒業し、実務を1~2年経験し、一般養成施設に1年以上通学する

つまり、福祉系の4年制大学や短大、もしくは一般の4年制大学や短大のいずれかに進学し、卒業する必要があります。

早くから社会福祉士を目指す場合は、4年制大学に進学し、指定科目を履修することが確実といえるでしょう。

学費は大学によって異なりますが、卒業までに400万円前後はかかってきます。

短大の場合は2年間で200万円前後が相場となっており、その後すぐに現場で実務経験を積むことができれば、4年制大学に通うよりは学費を抑えることができるでしょう。

さまざまな制度がある

社会福祉士を養成する大学には通信制の学校もいくつかあります。

なかには、履修する科目数分の授業料を納める「単位制」の学費制度を設けているようなところもあります。

また、学校によって奨学金制度や、特待生の学費割引制度といったさまざまな制度が用意されており、そうしたものを利用することで、通常より安く通学することも可能です。

学校によって各種制度の内容はだいぶ異なるため、入学案内をよく確認してみるとよいでしょう。

国家試験対策のための講座を受講する費用

民間のスクールでは、よく「社会福祉士対策講座」といったものが開講されています。

勘違いされやすいですが、この講座は社会福祉士国家試験の対策のための講座で、大学に通う場合のように、国家試験の受験資格が得られるわけではありません。

このような講座を受講するかどうかは自由ですが、受験対策のためにスクールに通う人もいます。

この学費は数万円~高くても10万円程度のものが多いようですが、カリキュラムによっても異なります。

国家試験の受験手数料と登録にかかる費用

社会福祉士国家試験を受験する際には、受験手数料がかかってきます。

受験手数料は平成29年度試験から値上げされ、15,440円です。

このほか、国家試験合格後に社会福祉士として新規登録をする場合、登録免許税(収入印紙)が15,000円、登録手数料が4,050円必要となります。

仕事体験談