社会福祉士に必要なこと、求められるもの

社会福祉士に必要なものってどんなもの?

国家試験の受験に必要な条件をクリアし、国家試験に合格をすれば、誰でもが「社会福祉士」を名乗ることができます。

しかし、国家資格を持っているだけでは福祉のスペシャリストとして活躍することはできないといっても過言ではありません。

社会福祉士は、社会の弱い立場の人たちをサポートするとても重要なポジションにいます。

社会福祉士の言動や、働きかけ方によって、良し悪しは別として相談者の人生をも左右する立場なのです。

そのため、社会福祉士一人ひとりの資質や心がまえが重要となる仕事なのです。

ここではそんな社会福祉士に必要とされる資質と心がまえをご紹介しましょう。

社会福祉士に必要な資質とは?

社会福祉士の仕事は、介護が必要な高齢の方や障害のある方やご家族の方への相談・支援を行うことなので、常に人との関わりが中心となる仕事です。

社会福祉士としてさまざまな人と接する際に必要とされる資質をみてみることにしましょう。

使命感

相談者のほとんどは、いわゆる社会的弱者です。常に弱い立場の人のために働くという揺るぎない使命感が必要とされます。

正義感

どんな国でも不正や悪事を働こうとする人は存在します。そんな危険に遭遇した相談者に対し、社会正義を貫く意思の強さも大切です。

やさしさ

困っている人を見過ごすことができない、相談者の悲しみや苦しみの気持ちを理解しとうとする「やさしい心」が、相談者の心の傷を癒す大きな力となります。

傾聴のこころ

社会福祉士の仕事は相談者の話を聞き、悩みや問題の本質を見出すことが重要な仕事のカギとなります。そのため、話を聞く力と、話を聞き出す力を必要とします。

上記に挙げた資質をすべて最初から持っている必要はありません。

しかし、社会福祉士として働いていく中でそのスキルを磨き、社会福祉のプロフェッシルとして活躍できる人材を目指しましょう。

社会福祉士としての心構え

社会福祉士は、相談者のプライバシーに深く関与し、相談者にとって「人に知られたくないこと」を多く共有することとなります。

そのため、相談者の人権に配慮し、個人情報の取扱いを厳守することが求められます。

そういった面からも、社会福祉士として、人として、常に良識と常識をもった対応を求められるといっていいでしょう。

社会福祉士の仕事の主役は、社会福祉士ではなく相談者です。相談者を守るために自らの立場があるのだということ忘れないことが、社会福祉士として必要な心構えです。

仕事体験談