派遣の社会福祉士

派遣で働くことは可能?

社会福祉士の多くは、社会福祉施設や福祉事務所、医療機関、児童福祉施設といったさまざまな場所で働いていますが、基本的には就職をして社員として雇用されるか、地方公務員となり、行政の各施設に配置されるのが一般的です。

派遣として働くことも不可能ではないですが、民間企業で事務職としてオフィスワークをするような仕事とは異なり、社会福祉士としてのスキルや国家資格を生かして働ける派遣の求人はそこまで多くありません。

あるとすれば、介護関連の施設が挙げられます。

高齢化が進み、介護サービスの需要は拡大しており、現場では人手不足のところも多いようです。

しかし、たとえ社会福祉士の資格を持っていても、高齢者福祉施設では介護職員として、介護の仕事を中心に行うことを求められる場合もあるようです。

このほか、病院では「医療ソーシャルワーカー」として、派遣の求人が出ることがあります。

ソーシャルワーカーの仕事

その場合、患者さんとの相談窓口や他病院との連携などの業務を任されるようです。

派遣での働き方を希望する場合、仕事内容についてはよく確認しておいたほうがよいでしょう。

派遣として働くための条件は?

派遣の社会福祉士として働きたい場合、まずは社会福祉士の有資格者であることが求められるといえます。

このほか、福祉現場での相談援助実務経験がある人は優先的に案件を紹介してもらいやすいです。

派遣は即戦力となれる人が求められる傾向にあるため、場合によっては、経験者であることが条件となることもあります。

登録型派遣と紹介予定派遣

ひとくちに「派遣」といっても、その種類は大きく「登録型派遣」と「紹介予定派遣」の2種類に分けられます。

登録型派遣は、派遣会社に登録し、その派遣会社と雇用契約を結んで派遣先で仕事をします。

定められた契約期間が終了すれば、雇用関係も終了します。

一方、紹介予定派遣は、将来的に正社員や契約社員として企業から直接雇用されることを前提とした働き方になります。

最長で6ヵ月派遣として働き、その後、企業と本人の話し合いによって直接雇用となるかが決定します。

仕事体験談