社会福祉士の業務

日常生活を送るのが困難な人の相談にのり、援助をする

社会福祉士の役割は、高齢や障害などの理由によって日常生活を送ることが困難な人の相談にのり、さまざまな社会資源を活用して支援を行うことです。

ここでいう社会資源とは、国や自治体が提供している福祉サービス、社会福祉のボランティア、あるいは医療や保健領域のサービスなど多岐にわたります。

社会福祉士は、このような幅広い社会資源に関する専門知識を持ち、関係機関と連携を図りながら、対象者に適した支援を考え、援助していきます。

困っている人の話を聞き、何ができるかを考えていく「相談援助」の仕事が社会福祉士の中心業務となります。

さまざまな場所で活躍する

社会福祉士は、あくまでも国家資格の名称であり、実際にその資格を持つ人が社会福祉士という肩書きをつけて働いているとは限りません。

たとえば、特別養護老人ホームや老人保健施設といった高齢者施設では、「生活相談員」といわれる人がよく在籍しています。

生活相談員の仕事

この生活相談員は、社会福祉士がなっていることが多く、入所を希望する人やすでに入所している人の相談業務を担当します。

また、児童相談所や母子支援施設、精神障害者福祉施設、病院、地域包括支援センターといったさまざまな場所で、社会福祉士が活躍しています。

そこでは「ケースワーカ―」や「医療ソーシャルワーカー」といった名称で働く社会福祉士もいます。

ソーシャルワーカーの仕事
ケースワーカーの仕事

働く場によって、子どもから高齢者まで、何かしらの理由で生活に困難をきたしている幅広い年代の人に対して援助をしていくのが社会福祉士の特徴です。

高齢化社会が進む中での役割

現代は、母子家庭や高齢者の増加により、社会福祉士が求められる場が広がっているといわれます。

とくに高齢化社会が進み続ける日本では、今後、社会的格差や経済的な問題から公的な援助が必要となる高齢者がますます増えるとされ、高齢者の相談援助業務のニーズがさらに増えるものと考えられています。

社会福祉士はこの先、病院や自治体、介護施設、ときに警察や裁判所といった機関とも連携しながら、高齢者の生活を守るという重要な役割を担うことが求められます。

仕事体験談