社会福祉士になるための学校の種類(大学学部、通信、短大、専門学校)

福祉系の大学・短大

社会福祉士国家試験の受験資格を得るルートはいくつもありますが、そのルートの多くで大学や短大などに通うことが求められます。

なかでも、4年制の「福祉系大学」に通うルートは最もスタンダードなものといえ、福祉系大学で「指定科目」を履修すれば、自動的に社会福祉士の国家試験受験資格が得られます。

また、福祉系の短大もあります。

そこでは2年学んで指定科目を履修し、相談援助実務を2年経験するか、3年学んで指定科目を履修し、相談援助実務を1年経験すれば、同じく国家試験を受験することが可能になります。

福祉系大学や短大では、指定科目のほかに「基礎科目」といわれる科目履修することもできます。

なお、基礎科目を履修した場合、大学・短大とも卒業後に短期養成施設などで一定期間学ぶ必要があるため注意が必要です。

通信制の大学も

社会福祉士養成を前提とした通信制の大学もあります。

そこでは、在学中に必要な単位取得を修了すれば、卒業と同時に社会福祉士の受験資格を得ることが可能です。

すでに一般の短大や大学を卒業した人が編入学できる通信制大学もあります。

社会人が働きながら社会福祉士を目指す場合、通信制を選ぶことが多いようです。

専門学校

次に、社会福祉士を目指す人のための専門学校の種類について見ていきましょう。

一般養成施設

社会福祉士の専門学校は、社会福祉士国家試験の受験資格を得るルートのうち、一般大学や短大卒業後に通う必要がある「一般養成施設」に該当するものも多くあります。

一般養成施設は、福祉系大学や短大ではなく、一般の大学や短大を卒業した人が通う学校です。

一般養成施設の場合、入学資格は「大卒者以上」または「実務経験者」となっており、「昼間の1年制」が基本で、高卒の人が入ることはできません。

通信課程や夜間課程を設けている一般養成施設もあり、通信は1年6ヵ月~2年程度、夜間は1~2年のカリキュラムとなります。

短期養成し移設

もうひとつ、短期養成施設といわれる専門学校もあります。

そちらは、福祉系大学・短大で基礎科目を履修した人が、卒業後に通う学校となっています。

修学期間は9~11ヵ月で、すべての学校が通信制です。

その他の専門学校

一般養成施設や短期養成施設とは別に社会福祉士の4年制のカリキュラムを置く専門学校もあり、そこには高卒の人が入学できます。

そして、指定された科目を履修すれば、社会福祉士国家試験の受験資格が得られます。

専門学校を調べる際は、この違いに注意して探すことが大切です。

どの学校に通うべき?

社会福祉士になるルートはたくさんあり、いったいどの学校に通えばよいのか迷う人もいるかもしれません。

もし高校生の段階で社会福祉士を目指すのであれば、福祉系大学もしくは短大に進学することがスタンダードといえるでしょう。

しかし、福祉系大学の数はそこまで多くないため、倍率は高めになることが多いようです。

あるいは、大学や短大には進学しないという選択肢もあります。

高卒であっても相談支援実務の経験が4年あり、さらに一般養成施設で1年以上学べば、社会福祉士の受験資格を得ることができます。

さまざまな選択肢のなかから、自分が目指す将来の姿をイメージしつつ、どの学校に通うかをよく考えてみてください。

仕事体験談