社会福祉士としての成長

誰かの役に立ちたい人におすすめ 社会福祉士はとてもやりがいのある仕事だと思います。相手の立場になって物事を考えたり、人に何か感謝されることが好きな方、相手のために役に立ちたい思いが強い方は、社会福祉士を目指してもよいかも … 続きを読む

社会福祉士になるまで

短大進学〜卒業 社会福祉士といっても、資格を取るまでにはさまざまな苦労があります。私の場合は、普通科の学校を卒業後、深い理由はなく興味本位で福祉系の短大に進学しました。 将来の目標も漠然としていて、福祉系なら今後需要はあ … 続きを読む

社会福祉士として大変なこと

相手が心を開いてくれない 仕事をしていれば、大変なことがあって当たり前だとは思います。しかし時には想像もしないような困難なことが待ち受けていたりします。 社会福祉士の仕事は、日常的に生活を送ることに何らかの支障がある方々 … 続きを読む

児童養護施設の社会福祉士

児童養護施設の中での社会福祉士の仕事 児童福祉の中ではさまざまな理由で家族と一緒に生活できない子どもたちがいます。 家庭での養育が難しくなった子どもたちを施設に預けるのか、在宅での支援を継続するのかを親・家族と児童相談所 … 続きを読む

社会福祉士を辞めたくなったとき

精神的に傷つくとき 社会福祉士は、生活していくうえで何らかの困難がある方に対して、その方が抱えている課題に向き合い、乗り越えることをお手伝いすることが仕事です。 課題を乗り越えるのは当事者である本人ですが、そのことを理解 … 続きを読む

社会福祉士の仕事へのこだわり

誰よりも専門性を高めたい 社会福祉士の仕事は、困っている人の相談を聞き、サービスや制度の知識、面接技術、ネットワークなど、あらゆる知識と資源を駆使し、その人が社会で生活していけるようにする仕事なので、現場に出てからも多く … 続きを読む

社会福祉士をするうえで大切なこと

人のためにしてあげたい気持ちがあること 仕事なのでボランティアではありませんが、やはり相談者のために自分の時間が犠牲になったり、心身ともにエネルギーを割いたりしなければならないことがあります。 相談者の方が抱えている困難 … 続きを読む

仕事体験談