社会福祉士になるために勉強すること

専門的な勉強をする

社会福祉士になるための各種学校では、福祉に関する専門的な科目を学ぶことになります。

たとえば、福祉系大学の「指定科目」は、次のようになっています。

・人体の構造と機能及び疾病、心理学理論と心理的支援、社会理論と社会システム のうち1科目
・現代社会と福祉
・社会調査の基礎
・相談援助の基盤と専門職
・相談援助の理論と方法
・地域福祉の理論と方法
・福祉行財政と福祉計画
・福祉サービスの組織と経営
・社会保障
・高齢者に対する支援と介護保険制度
・障害者に対する支援と障害者自立支援制度
・児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
・低所得者に対する支援と生活保護制度
・保健医療サービス
・就労支援サービス、権利擁護と成年後見制度、更生保護制度 のうち1科目
・相談援助演習
・相談援助実習指導
・相談援助実習

この内容を見てもわかるように、社会福祉士の中心業務である「相談援助」の理論や方法について学んだり、介護保険制度や障害者自立支援制度といった、社会福祉士が活躍する現場で求められる各種制度についての学びが中心です。

実習を通じて実践力を身につける

また、社会福祉士の学校では実習の時間が多く用意されていることも特徴です。

社会福祉士が現場に出たときには、対象者の話を聞き、それまでの学びで得た膨大な知識のなかから相手の悩みを解決するための方法を考え、助言や指導を行っていかなくてはなりません。

それは、実践経験を積むことでしかなかなか身につかないものです。

そのため、実習では社会福祉協議会や介護老人福祉施設、身体障害者福祉施設といった各種施設において実際の職場の雰囲気を味わい、相談援助を経験し、実践力を身につけていきます。

現場に配属されてからが新しいスタート

社会福祉士の国家試験に合格し、いざ勤務先が決まったら、そこからが本当のスタートと考えておいたほうがよいでしょう。

社会福祉士は、勤務先によって子どもから高齢者までさまざまな人の相談援助業務を担当しますが、実際に配属された地域にどのような社会資源や福祉サービスがあるのかといったことは、仕事を始めてから学ぶことになるでしょう。

現場に入り、周囲のスタッフや先輩のやり方を見ながら、地道に新しい情報を入手していく努力が必要です。

思いやりの心を忘れずに

社会福祉士が接する相手は、日常生活を送るうえで何らかの困りごとを抱えています。

いわば社会的に弱い立場にある人といえますが、社会福祉士はそういった人に対して思いやりの心を持ち続け、相手の声に誠実に耳を傾ける姿勢が求められます。

きちんと話を聞くこと、そして相手が伝えたいことを正しく理解すること、こういったスキルも磨いていく必要があります。