潜水士のつらいこと、大変なこと、苦労

訓練を乗り越える必要

潜水士として業務を遂行するためには、厳しい訓練をこなさなくてはなりません。

なぜなら、水中という特殊な環境に長時間身を置くことは身体にとって負担がかかる行為であり、きちんとした知識・技能を持ったうえで潜水しなければ、身体に悪影響を及ぼしてしまったり、最悪の場合は命まで落としてしまうからです。

そのため、潜水士の免許を取ること自体はそこまでハードルが高くないものの、安全に、確実に作業を進めていくためには、日ごろからしっかりと訓練をしておくことが不可欠なのです。

どの会社や組織に所属するとしても、経験が浅いうちは訓練からスタートしますが、とくに海上保安庁では潜水士になるために非常に過酷な訓練が行われることはよく知られています。

厳しい訓練を乗り越えられる人でなければ、とても現場で仕事をすることはできないと考えられているのです。

潜水士は、生半可な気持ちでできる仕事ではないということは理解しておく必要があるといえるでしょう。

訓練期間中は体力的にも精神的にも追い詰められ、つらいと感じることもあるかもしれません。

一人前になるまでに時間がかかる

潜水士は潜りの技術があることに加え、建設や調査など、目的に応じてさまざまな水中作業をこなすだけの専門的なスキルが必要とされます。

水中では身につけた技術を駆使して作業を進めていきますが、気圧の違いなど、地上とは異なる制約の多い環境で作業を進めるのは思っている以上に大変なことです。

頭では「こうすればいい」と理解していても、潮流の流れなど予測できない部分もあり、思うように身体を動かせないということもあるでしょう。

誰にでもできる仕事ではないところは潜水士のやりがいといえますが、一朝一夕で一人前になれる仕事ではありません。

潜水士としてデビューしてからも、現場でたくさん経験を積んで実力を磨いていかなければならないところも、潜水士の大変な面だといえるでしょう。