潜水士の種類

公務員として働く潜水士たち

潜水士というと、ドラマや映画などの影響から海上保安庁で働く、いわゆる「海猿」といわれる潜水士の姿をイメージする人が多いかもしれません。

海上保安庁の潜水士の主な仕事は、転覆した船内からの生存者救出など、海上における困難な環境下での救助活動を行うことです。

そのほか、犯罪捜査の一環として水面下から物を引き上げることもあります。

海上保安官の仕事

海上保安庁で働く人のように、公務員として活躍する潜水士は他にもいます。

たとえば、海上自衛隊では水中における軍事活動や機雷の掃討などを行う「潜水員」と呼ばれる人が活躍していますし、警察組織には行方不明者の水中捜索や水中での証拠採集を行う潜水士が、消防組織には湖や河川での人命救助を行う潜水士がいます。

人命救助だけではない!

しかし、潜水士の仕事は人命救助や捜索だけではありません。

たとえば、民間の海洋関連会社では「作業ダイバー」といわれる人が大勢活躍しています。

作業ダイバーの仕事はさまざまです。海底調査や護岸工事、港湾工事やケーソン工事、あるいは水中溶接など、作業ダイバーは潜りながら水中での現場仕事に携わり、「職人」としての技術と知識を駆使して作業を進めます。

このような業務に携わる場合、作業内容に応じて潜水士に加えてアーク溶接や玉掛けなどの資格が必要となります。

沈没船の回収等のサルベージ作業にあたる潜水士もいます。

また「調査ダイバー」といわれる潜水士であれば、海に潜りながら水中遺跡や海洋生物についての調査を行います。

そのほか、水中での映像や写真撮影をすることを専門とする潜水士もいますし、少し珍しいところでは、水族館で大きな水槽の中に潜り、餌付けや清掃作業を行う人にも潜水士の免許が必要とされます。

潜水士というと「潜って人を助けるのが仕事」と考えられがちですが、実際にはさまざまな種類の潜水士たちが各領域で活躍しています。