声優の仕事内容

「アニメ」以外にも幅広い仕事

声優の仕事といえば、「アニメーション」や「映画(外画)」の吹き替えを想像する人が多いでしょう。アニメや外国人のキャラクターになりきり、そのイメージに合わせて声を使い分けていきます。

しかし、声優の活躍の場はアニメだけではありません。テレビ・ラジオのナレーション、ラジオドラマ、ゲームソフト、アナウンス、ドキュメンタリーの吹き替えなどまで、幅広い仕事があります。

売れっ子の声優ともなると、CDを発売したりコンサートやイベントに参加したりする機会もあります。かつては声優といえば「顔が見えない」存在でしたが、最近では一部の有名な声優は、まるでアイドルのような人気を集める人もいます。

どこに所属する?

声優はプロダクションに所属して働いている人がほとんどです。「仮所属」と言われる下積み時代には、仕事の案件ごとに自分でオーディションを受けて、仕事をとってきます。

「正所属」になればマネージャーがついて、仕事を定期的にもらえることもありますが、そこにいたるまでの可能性はかなり低いと考えておいたほうが良いようです。

また、フリーランスで活躍している声優もいますが、もともとはプロダクションや劇団に所属していた人たちばかりです。

大きな仕事をいくつも重ね、実績と信頼を得た人でなければ、フリーランスの声優になるのは非常に難しいといえます。

仕事場所

声優の仕事場の中心となるのは、「録音スタジオ」です。

音が遮断された密室には数本のマイクが立てられ、声優たちはモニター画面に流れる映像を見ながら、自分の出番が来るごとにマイクの前に立って声を吹き込んでいきます。

スタジオのすぐ隣には「ミキシングルーム」と言われる調整室があり、エンジニアや監督、プロデューサーなどが、録音された声の様子をチェックしていきます。

多くの人と共同でひとつの作品を作り上げるのが、声優の仕事です。