声優の現状と将来性

続けるのは大変! でも、活躍の場は幅広い

声優として生計を立てていくのはとても大変です。養成所やスクールで学び、日々トレーニングを続けていても、なかなかオーディションに合格できず、アルバイトと両立している人もいます。

名前だけで「あの役の人ね」と言われるようになるには、相当な努力と根気が必要となるでしょう。

しかし、アニメの制作数は近年ますます増えており、一週間に100本以上ともいわれるほどです。

地上波テレビだけでなく、CS放送やインターネットなど、アニメが流される場所はたくさんあります。アニメが作られれば作られるだけ、声優の仕事も増えていきます。

近年ではゲームにおいても、声優が活躍する機会が増えてきました。ほかのジャンルでも、洋画やラジオ、ナレーションなど、声優が活躍できる場は、いずれも大きく減っていくことはないと考えられます。

年齢は関係ない

声優の仕事は、年齢を重ねても続けていけるものです。むしろ、さまざまな役を演じていくうちに表現力の幅が広がり、どんどん深みのある声優になれるともいわれます。

声は年齢とともに多少変わりますが、基本的に俳優のように顔を出さないので、演じられる役柄がそこまで制限されるわけではありません。たとえば、若い女の子の声を60代のおばあさんが演じるということもあり得ます。

そのような意味では、声優としてしっかりと実力がつけば、長く続けていける将来性のある仕事だということができるでしょう。