声優の面接、養成所の試験

声優になるための資格制度はありませんが、声優として働くうえで必要なスキルは養成所で学ぶことができます。

一般的に、声優の養成所は誰でもすぐ入れるわけではなく、入所試験(オーディション)を受けて合格する必要があります。

ここでは、入所試験の内容と、面接で問われることについて見ていきましょう。

試験の流れ

養成所の試験は、大きく分けて「書類審査」「面接」「演技試験」が行われており、書類審査に通った人が、面接や演技試験に進めるといった流れが一般的です。

面接の内容としては、1分間程度の自己アピール、志望動機、好きな声優、趣味や特技などについて問われることが一般的です。

面接官と1対1で行われることもあれば、複数の面接官に対して声優志望者も複数人という場合など、さまざまなケースがあるようです。

面接において最も大切なのは、何よりも「明るく元気に話し、素の自分を出すこと」です。

声優は、演じることで人に何かを伝える仕事であるため、自信がないようなそぶりを見せれば、「この子は声優には向いていないな」と思われてしまう可能性が高まります。

ただし、会話が得意でなかったり、恥ずかしがり屋だからといって、絶対に落とされるというわけではありません。

声優は個性も重視される仕事であるため、変に飾り過ぎず、自然体の自分でいることを心がけてみましょう。

なお、面接当日の服装や髪型も、自分をよく表現できるようなものが勧められているようです。

演技試験

演技試験では、セリフ読み(その場で渡されたセリフを読む)、早口言葉、リアクションの演技などが実施されることが多いようです。

リアクションの演技に関しては、たとえば「友達に告白された場合」といったようなお題のシチュエーションに応じたリアクションをその場でとる、といったもので表現力が問われます。

その他、一般常識を問う筆記試験や作文の試験が同時に行われることもあります。