声優の専門学校・養成所で学ぶこと

プロとしての技術力を身に付けるために

声優は、なるために特別な学歴や資格が求められる職業ではありません。

そういった意味では、どんな人であっても実力やセンス、人脈などがあれば、声優としての仕事をすることも不可能ではないでしょう。

しかしながら、現実はそう甘くありません。

まず、声優にはプロとしての高い演技力や表現力が求められるため、ちょっとした憧れの気持ちだけで声優デビューするのは非常に難しいといえます。

また、「自分は演技に自信がある」という人でも、プロのレベルと素人のレベルはだいぶかけ離れていることも多いです。

そのため多くの声優志望者は、声優を育成するための学校(専門学校・養成所など)に通い、スキルアップに励んでいます。

ここからは、声優の専門学校や養成所で主に学ぶことについて紹介していきます。

専門学校

声優の専門学校といっても、学校によって通学期間やカリキュラムは異なります。

多くの学校では発声や呼吸法、演技指導など、すべての声優の基礎となることから、実際に現場で必要となるナレーションやアテレコ、MCの技術といった応用的なことまで幅広く学んでいきます。

また、一部の学校では声優としてのみならず、役者としても活躍していくための演技指導や歌・ダンスのレッスンなどが行われることもあります。

より専門的に学ぶために、学校によっては「アニメコース」「ヴォーカルコース」「ナレーションコース」といったように学科が分かれている場合もあります。

自分が将来、声優としてどのような仕事をしたいのか考えて選ぶとよいでしょう。

声優の養成所とは

専門学校以外に、声優になるための演技力や表現力を学べる場として「養成所」というものがあります。

養成所は学校法人とは違い、声優のマネジメントをする事務所が経営するものが多く、大手から個人事務所まで規模もまちまちです。

このような場でも専門学校と同様のことが学べますが、事務所とつながっている分、実力やセンス次第では早期にデビューできるチャンスを掴む人もいるようです。

なお、養成所に入るためには、面接やセリフ読みなどのオーディションを受ける必要があります。

誰もが必ず入所できるわけではありませんが、養成所で学ぶと卒業後は本人の希望や実力によってはそのまま系列の事務所に所属し、マネジメントをしてもらいながら仕事を続けていくことも可能です。

また、所内の審査に合格することで、無料でレッスンが受けられるような学校もあるようです。