声優の勤務時間・休日

仕事をする時間はバラバラ

声優の仕事は、毎日変化に富んでいます。仕事によって仕事をする時間もバラバラなのが特徴です。

たとえばアニメの収録ひとつをとっても、制作側の都合や他の出演者のスケジュールなどによって、朝から行う日もあれば、夕方からということもあります。

また、極端なことをいえば、仕事がとれなければ勤務時間はなくなります。オーディションに合格できなければ、まったく仕事がないという状況もありえる厳しい業界です。

一般的な会社員と同じように、平日は毎日朝9時から夕方6時まで働く、という生活とはまったく違う世界といえます。

一日の勤務時間はどれくらい?

たとえば30分アニメを収録する場合、声を入れる「アフレコ」作業は前半15分と後半15分で分けて行われるのが普通です。

放送されるのはわずか30分でも、それを収録するのに最低3時間程度。長いときでは、6時間ほどかかることもあるのだとか。

また、洋画など2時間程度のものの場合は、8時間から10時間ほどかかるといわれています。もちろん、何かトラブルがあったりうまく進まなかったりすれば、予定よりも時間が伸びる可能性もあります。

ほかにも、台本を読んで構成を覚えたりセリフを上手に言えるように練習したりと、収録以外に必要な時間も多くあります。自分でしっかりとスケジュール管理をすることが求められます。

休日も仕事次第

声優は、収録などの仕事が入っている日が勤務日、逆に何も仕事がない日が休日になります。駆け出しのころは「毎日が休日」という状態の人も、少なくはないそうです。

この仕事をしている人にとっては、「忙しくて休みがない!」という状態が、とても幸せなことだといえるのかもしれません。