声優を目指すきっかけ

大好きなアニメの影響を受けて

皆さんもきっと、子どものころ、毎日、毎週見るのを楽しみにしていたアニメがあったのではないでしょうか。

「大好きなアニメを見ているうちにその魅力に取りつかれ、いつしか自分もそれを作る側に回りたいという思いが高まって声優を志した」そんな話は、声優を目指すきっかけとして、よく聞かれるところです。

もう少し踏み込んで、「このキャラクターを演じている声優が好きだから、自分もこんな風になりたい!」という憧れの気持ちを抱き、声優を志す人もいます。

声優は、まだ音のない映像に魂を吹き込む大事な役割を担っています。自分の声一つで、そこにいるキャラクターの個性を表現できたり、映像の印象をガラッと変えることができる。

そんなことを想像し、声優への思いを高めていく人は少なくありません。

表現することが好き

声優は、自分自身の声を使って何かを伝える「表現者」でもあります。

表現する仕事には、歌手、役者、タレント、モデル、芸人などさまざまな仕事がありますが、少なくとも「表現することが好き」でなければ、声優としてやっていくのは難しいといえます。

昔から演技に興味があったり、自分の気持ちを誰かに伝えることが得意だったりして、声優を志す人も多いようです。

人に勇気を与え、喜ばせたい

声優を目指す人は、もともと、サービス精神や好奇心が旺盛な人が多いようです。

目立ちたがりというわけではなくても、自分の力で人を笑わせたり元気にしたいという気持ちが強く、そこから声優という職業に興味を持つ人もいます。

声優は芸能界にも足を突っ込んでいるため、一見、華やかな世界だと思われがちで、そういった部分に憧れを抱く人もいるようです。

しかし、裏では厳しいレッスンを受けて自己練習を繰り返したり、日々ライバルとの競争に勝たなければならなかったりと、地道さと根気良さが要求されるところも多々あります。