声優の活躍の場

声優が活躍できる場は多岐にわたります。

代表的なのは、アニメーションや洋画の吹き替え。そのほか、テレビ番組やCMのナレーション、ラジオのパーソナリティ、また舞台俳優と両立して活動している人もいます。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

アニメーション

アニメのキャラクターは、それだけではただの「絵」でしかありません。そこに声優が声を吹き込むことで、キャラクターは生き生きと動き出し、個性あふれるものになります。

この声を吹き込む作業のことを「アフレコ」もしくは「アテレコ」といいます。

同じキャラクターでも声優の質や特徴によって、キャラクターから受ける印象は随分と違うものになります。

キャラクターの魅力をどれだけ引き出すことができるかどうかは、声優にかかっているといえます。

もちろん、原作者が持つイメージや意図をしっかりと受け止めることも大切です。

洋画(吹き替え)

外国で作られた映画やドラマなどの「日本語吹き替え版」用に「アフレコ」を行います。

かつてはハリウッド映画が中心でしたが、最近は韓国ドラマのブームなどもあって、この分野での需要は増えているといわれます。

人気の海外ドラマでは、“あえて”日本語吹き替え版で見るのを好む人も多いそうです。

ナレーション

ナレーションの仕事は、たとえばテレビのドキュメンタリー番組やバラエティ番組などが挙げられます。

番組のコンセプトによって、元気な声、悲しげな声、淡々とした声…求められるものは異なります。

キャラクターや登場人物が現れるアニメーションや洋画とは違い、たとえば1枚の風景写真だけが映るところに、声優の声ひとつで世界観を表現しなければならないなどの難しさもあります。

その他

ゲームのキャラクターボイス

近年、とくに需要のある分野です。ゲーム作品に登場するキャラクターの声に対してアフレコを行います。

ゲームの制作技術が進歩するとともに、声優のアフレコに要求されるものも高まっています。

シミュレーションゲームでは、台本が辞書ほどの分厚さになることもあるのだとか。

舞台

劇団に所属しながら、舞台俳優と声優の仕事を両立させている人もいます。

どちらも自分の身体や声を使って「演技する」という面では共通しているといえるでしょう。

舞台俳優の仕事

ラジオのパーソナリティ

この仕事をしているのは、多くの人に名が知られているような人気のある声優が中心です。

ラジオはもともと声だけで聴かせるものなので、声優が活躍するのには最適な場ともいえます。

ラジオパーソナリティの仕事

CD、ライブ活動

人気が出た声優は、自分が声を担当するアニメーションの主題歌などを自ら歌い、CDを出すこともあります。

さらにライブ活動を行うなど、まるで歌手のような活動をしている人もいます。