声優に必要なこと、求められるもの

演技力、表現力

一言で「声優」といっても活躍のフィールドは広く、アニメーションや洋画の吹き替え、ナレーションなど多様な仕事をしています。

どんな声優にも共通して求められるのは「演技力」と「表現力」です。

最近では、タレントが兼業として声優を務めたり、歌手やアイドルなどマルチな活躍を見せる声優も増えていますが、一方で、全体として見れば本来の声優としての技術力が下がっているのではないか、という意見も挙がっているようです。

声優は、「声」で人々の感情を動かすプロフェッショナルです。高い演技力や表現力を持ちあわせていなければ、人に元気を与えたり楽しませたりすることはできません。

第一線で活躍している声優たちは、こうした演技力と表現力を高めていくために、日々涙ぐましい努力を続けているのです。

協調性と豊かな人間性

声優が関わる作品は、監督や音響スタッフなどの大勢の関係者や共演者の力を合わせて作られていきます。

いくら実力があっても、「自分だけが良ければいい」という考え方でいては、本当に良いものは生み出せません。

また、声優の仕事では現場ごとに多くの人と関わり合うため、仕事をうまくこなしていくためにも、周囲の人に愛されるべきキャラクターであることは重要です。

素晴らしい表現力を持っている声優は、人間性もまた豊かであることが多いようです。

「こうなりたい」という信念

声優は厳しい世界です。成功するためには実力はもちろんのこと、運やセンス、人脈なども必要になってくるため、なかなか思うような活躍ができないこともあるかもしれません。

また、自分の声で勝負する仕事ですから、かかるプレッシャーも大きなものとなります。もし失敗すればライバルに仕事をとられてしまう可能性もあります。

そうした厳しい環境の中で生き抜いていくためには、確固たる信念が必要です。

「こんな声優になりたい」「こんな成功がしたい」など、夢や目標を持ち、情熱の炎を灯し続けられる人だけが成功できる仕事ともいえるでしょう。

声優になりたい人はごまんといます。本気で声優として活躍したいのであれば、少しうまくいかないことがあっても決して諦めずに、前向きに努力を続けていくことが欠かせません。