声優が演技力をつけるには

発声や滑舌の基礎練習

声優として活躍するうえで、最も大切となるもののひとつが「演技力」です。

演技力を高めるための方法はさまざまありますが、基礎的なものとしては「発声」や「滑舌」の練習が挙げられます。

声優が仕事で発するセリフの読み方は、私たちの日常的な会話のやりとりとは、やはり異なるものです。

まず、アニメや映画を見ている人に対して言葉をわかりやすく伝えなければなりませんし、そのうえで、さまざまな役の個性や感情を上手に表現しなくてはなりません。

セリフを読むことは一見簡単そうに見えても、実際にはしっかりとした訓練を積まなければ、なかなか声優として求められる発声や滑舌は身に付かないとされています。

演技をしていく前提として、まず、きちんとした基礎練習を繰り返すことが必要になってきます。

多様な感情を表現できるようにする

声優は、役を演じるうえでさまざまな感情を表現します。

そのため、まずは自分自身が人の心の動きに敏感であり、感情豊かな人間になっておくことも大切です。

「うれしいこと」「悲しいこと」「楽しいこと」など、日頃から自分自身の感情としっかりと向き合い、その気持ちをどう表現するかということまで考えるようにすると、嘘っぽさのない演技ができるようになっていくでしょう。

日常生活で味わうあらゆる感情が、声優としての糧になっていくといっても過言ではありません。

プロの演技に触れる

演技のプロがどのような演技をしているのか、さまざまなプロの演技に触れて研究することも効果的です。

できるだけ多くのアニメ作品や吹き替えの映画を見て、声優がどのような演技をしているのか自分なりに考えたり、ドラマや舞台などで活躍する俳優や役者の演技を参考にすることもできます。

とくに観客の気分ではなく、自分がもしその役を演じるとしたらどうするかということを考えながら、日々練習を続けていくことも大切です。

ダンスや演劇の練習をする人も

声優は、基本的に顔を出さずに声だけで表現をする仕事ですが、演技力を高めるために、ダンスや演劇のレッスンを受けている人もいます。

踊りや舞台でのセリフの言い回しは、声優の仕事とは直接関連がないと思うかもしれません。

しかし、さまざまな表現方法を身につけていくことで、応用力が増すとともに、多様な感情を上手に表現しやすくなることがあるようです。