声優のオーディション

声優のオーディションとは?

声優のオーディションには、「声優養成所や事務所(プロダクション)に所属するためのオーディション」と「作品の役別のオーディション」の2通りがあります。

声優の仕事をするには、まず養成所やスクールなどで声優の基礎を学んで事務所に所属。新しいアニメなどの仕事の募集があると、制作側から各事務所に声がかけられます。

そこで、声優たちはオーディションを受け、仕事をとってくるという流れが一般的です。

そのため、声優を志す人、また声優の仕事を続ける人にとって、オーディションは避けられない道といえます。

オーディションの内容

声優養成所・事務所(プロダクション)のオーディション

まずは、履歴書をもとに書類選考にかけられます。これを第一次審査とするケースも多いので、丁寧に、心を込めて記載することを心がけましょう。

声優は自分自身を売り込むことが大切なので、写真はできるだけ見栄えの良いものを使いましょう。プロのカメラマンに撮影してもらうのがベターです。

オーディション当日は、面接と演技審査が行われるのが一般的です。

養成所や事務所のオーディションにおける年齢制限はまちまちで、「20代後半まで」としているところもあれば、「4歳から65歳までOK」というところもあります。

経験に関しては、たいていが「未経験者可」となっています。実際に、未経験の人がオーディションを受けることも多いようですので、自信を持って応募しましょう。

役別のオーディション

決められた日程に応募者が集まり、監督や制作スタッフがいるところでオーディションが行われます。

内容としては、役のイメージに合うセリフを渡されて、順番に演技するのが一般的です。

このオーディションでは、「役のイメージに合うか?」ということがもっとも重視されているようです。