製薬会社の仕事、業務内容

医薬品を通して生命を支える

私たち人間が長い人生を送るなかで、さまざまな病気やケガとの戦いは宿命ともいえるものでしょう。

このような病気やケガを治すための医薬品を開発し、生産、販売することが製薬会社社員の仕事です。

医薬品という人命に関わるものを商品として扱うことから、高い倫理観をもつことが求められる業界といわれています。

研究職はもちろんのこと、営業職(MR)に携わる社員にも専門的な知識が必要とされ、スペシャリストが多く活躍しているのが特徴です。

新薬を生みだす仕事

それでは、具体的な業務内容を見てみましょう。

まず、製薬会社には大きく分けると、研究や開発に携わる技術系の仕事があります。

新薬だけではなく、すでにある薬の改良版や、ジェネリック医薬品と呼ばれる後発医薬品を生みだすために、薬の作用メカニズムの解析・合成・臨床試験を繰り返します。

薬の安全性を確立するため、ひとつのプロジェクトに十年単位の時間が必要とされることも少なくありませんが、その分、高い効能や効果をもつ薬を生みだすことができれば莫大な利益につながります。

この分野で働く上では医学や薬学、理化学の知識が必要不可欠で、理系の大学出身の優秀な人材だけがこの仕事に就くことができます。

医療関係者に届ける仕事

製薬会社には、医薬品の情報を提供する営業職、いわゆるMRと呼ばれる仕事もあります。

MRの仕事

錠剤や粉薬のような飲み薬から軟膏などの塗り薬、注射や点滴で使う液剤など、あらゆる医薬品の情報を取り扱い、医療現場に正しく情報を提供するのが主な業務です。

情報提供だけではなく、セールスまで責任もって行うため、MRは製薬会社特有の営業マンというとらえ方もできるでしょう。

また、医療従事者と直接的に関わるため、患者に何らかの副作用が出たときに真っ先に情報が入るという立場でもあります。

日本では、薬事法によって「市販されている医薬品に副作用が発生した場合にすぐに厚生労働省に報告しなければならない」と定められているため、こうした際に迅速な対応をとることもMRの重要な使命なのです。