製薬会社の給料・年収

高収入と高待遇が魅力

製薬業界は、他の業界の企業に比べると給料が高いことで知られています。

業界内の競争は厳しいものの、「医薬品」という現代社会を生きる人間の生命を守る上で欠かせないものを商品として扱っているため、他の業界に比べると景気や流行の影響を受けにくいという特徴があります。

また、薬学や理化学などの高度な知識を必要とする専門性の高い分野となるため、優秀な人材を確保するためにも収入や待遇を整えている企業が多いようです。

それでは、給料の具体的な金額を見てみましょう。

大手製薬会社の場合、初任給は、学部卒で月給22万円前後、大学院の修士卒で月給25万円前後、大学院の博士卒だと月給28万前後になるのが一般的です。

これは他の業界の初任給と比べると高い水準といえるでしょう。

職種によっても給料の金額は変わり、営業職(MR)の場合はセールスに応じてインセンティブがつくことも多くあります。

平均年収は企業の規模や経営状況によって大きな差がありますが、高いところでは40代で年収1000万円を超えることも珍しくありません。

また、住宅手当や扶養手当など福利厚生が整っている企業も多く、収入や待遇に関しては恵まれた環境にあるといってよいでしょう。

年俸制の製薬会社も

近年では製薬業界においても外資系企業の進出が目立っており、国内の製薬会社で勤めていた人が外資系の製薬会社に転職するケースも少なくありません。

外資系の製薬会社は国内の製薬会社に比べるとさらに給料が高いことで知られていますが、年俸制の給与体系をとっていることが多く、実力次第で金額が大きく変わるシステムになっています。

特に営業職(MR)の場合、セールスを伸ばすことができなければ翌年の収入が激減することもあるようです。

外資系の場合は国内の企業のように福利厚生の制度も整っていないことが多いので、将来的なリスクに備えておくことが大切です。