整体師資格の通信講座

最大のメリットは費用の安さ

通信講座は専門学校や養成スクールに比べて圧倒的に安い学費で学ぶことができます。

5万円以下で受講できる講座も少なくありません。

コスト面での負担が少ないという点は通信講座最大のメリットであるといえるでしょう。

受講期間が短い

整体師養成の通信講座は1年以内に修了できるものが多いのも特徴です。

通学の場合、卒業まで2~3年はかかることを考えるとかなりのスピードで学ぶことができることが分かります。

早く現場に出たいと考える人には通信講座での学習はメリットが多いでしょう。

自分のペースで学べる

仕事を持ちながら整体師を目指す人にとっては学習時間にしばりのない通信講座は大きな助けになるはずです。

他にも家庭を持っている主婦やダブルスクールの学生などからも支持されています。

修了時には資格が付与される

通信講座の修了には卒業試験が課せられているのが一般的です。

これを突破するとそれぞれの講座が設置している民間資格が付与されます。

整体師には必須資格がありませんが、教育機関での学習の証明として民間資格を取得している人がほとんど。

こういった資格を持っていることで、就職時にアピールポイントになるだけではなく、現場でも対来院者に大きな安心を与えることができます。

講座内容は十分確認を

一言で整体の通信講座と言っても、その中身はさまざまです。

プロの整体師を養成するものもあれば自分自身の健康のために教養として整体を学ぶという趣旨のものもあります。

プロを目指しているにも関わらず、教養講座を受講してしまうと学ぶ内容に抜けが出てしまいます。

受けたい講座がプロの整体師になることを目的としているかどうかを必ず確認しておきましょう。

使用する教材も事前に知っておこう

手技の修得に映像教材は必要不可欠。

そのため、整体師養成の通信講座の教材はテキストに加えてDVDなどの動画で学べるものがセットになっているのが一般的です。

手技の修得に関しては直接講師に質問等ができる通学講座に比べて劣るのは否めない通信講座ですが、映像教材は何度も繰り返し見ることが出来るので意識を高く持てばよい学習をすることが可能です。

ところが中には教材がテキストだけという講座もあります。

現職者のスキルアップや教養講座であれば問題ないともいえますが、全くのゼロからプロの整体師を目指す人が受講するには適切であるとはいえない部分もあります。

映像教材がない代わりにスクーリングを課すことで補強している講座もあります。

整体師の実力は手技で決まるわけですから、確実に習得できる教材を吟味するようにしましょう。

仕事体験談