精神保健福祉士のやりがい

専門性を持ち、困っている人の問題を解決できる

精神保健福祉士は、精神病院などの場において、おもに「生活相談業務」を担当します。

精神障害を抱える患者さんやその家族から相談を受け、相手が抱える問題を理解し、解決に導くことが求められます。

「精神疾患」といっても、元気な人にとってはなかなかイメージがつかないかもしれません。

しかし、身体的な病気と同じように、患者さんは付けられた「病名」の背後に一人ひとり異なる不安や悩みを抱えています。また、どういった生活をしていきたいかという将来への希望も異なります。

そこで、精神保健福祉士は専門性をおおいに発揮して、患者さんにしっかりと寄り添いながら、ともに悩みを共有し、課題を解決していきます。

患者さんや家族にとっては、とても心強い存在になります。相手と二人三脚で、その人が社会の中で根を張って生活をしていけるサポートをしていけること。そして、患者さんがよい方向に進んでいく姿を見られること。

こうした日々の変化を感じられた瞬間こそが、精神保健福祉士のやりがいとなっています。

多彩な人生を学べる

患者さんが抱える病気の状態や生活状況はさまざまなため、相談業務を通じて、担当するさまざまな患者さんの話を聞くだけでも「人の人生」を学ぶことができます。

精神障害を抱える人は、心がピュアだからこそストレスを抱えて病気になってしまうケースもあります。

入院患者さんの何気ない言動一つひとつに目を光らせていると、日常では見過ごしてしまうような人間の姿を見ることができたり、心が洗われるような場面にも出会います。

もちろん、きれいな面だけを見るわけではありませんし、対処するのがものすごく大変な患者さんも少なくありません。

しかし、心から人間が好きという人であれば、きっとこの仕事の奥深さを感じられるようになるはずです。

また、仕事を通じて自分自身の人間性を深め、一回りも、二回りも大きく成長させていくことができるでしょう。

仕事体験談