精神保健福祉士への転職、未経験採用

国家資格があることが前提

精神保健福祉士は、国家資格を持って働く必要がある職業です。そのため、転職を考える際にも国家資格の有資格者であることが前提条件となります。

精神保健福祉士の活躍できる領域は、おもに医療領域と福祉領域があります。前者は精神病院や総合病院の精神科など、後者は障害者自立支援法に基づくグループホームやケアホーム、小規模作業所などが挙げられます。

このほか、自治体や保健所、福祉事務所といった行政機関、さらにはハローワークなどの就労関連施設、司法施設などでも、精神保健福祉は求められています。

とくに近年は高齢者福祉領域でのニーズが急増しており、認知症などを抱える高齢者を支援するうえで、精神保健福祉士が必要とされる場面も増えているようです。

このように、精神保健福祉士は多岐にわたる場へ転職することができますが、とくに都市部を除くと、精神保健福祉士としての採用はそこまで多いわけではありません。

一つの職場に大勢の精神保健福祉士が在籍するというケースはほとんどないため、退職者が出ない限り、なかなか求人を出す機会がないという職場もあります。

ただし、職場の業務に関連する他の専門的な知識やスキルを持っていると、また話は変わってきます。

たとえば、精神保健福祉士に加えて「ケアマネージャー(介護支援専門員)」や「社会福祉士」などの資格を併せ持っていることで、転職がしやすくなるという声も聞かれます。

社会福祉士の仕事
ケアマネジャーの仕事

アルバイトやパートの求人も視野に

精神保健福祉士は、常勤や正規職員としての求人のほか、契約社員やアルバイト、パートといった雇用形態での求人も比較的多く見られます。

とくにアルバイトやパートの場合、国家資格さえ持っていれば実務経験は問わないという職場も珍しくはありません。

そのため、未経験や経験が浅いうちはアルバイトやパートとなり、複数の職場を掛け持ちして働いている人もいます。

この仕事は、経験によって培われるものがたくさんあります。未経験者がいきなり好待遇の下に働くのは難しいですが、地道に経験を積んで自分を高めていくことで、いずれ正規職員になるチャンスを掴み取ることができるでしょう。

仕事体験談