精神保健福祉士の給料・年収

国家公務員に準じた給与待遇であることが多い

精神保健福祉士の給料は、国家公務員のそれに準じた額としているケースが多いといわれています。

基本給そのものはあまり高くありませんが、賞与や手当面で優遇されている傾向があります。

精神障害を持つ人へのケアを志す人の中には、給与面や待遇面についてはあまり気にせず業界に入ったという人もいます。

しかし、あくまでもプロフェッショナルとして社会福祉に携わる以上は、正当な仕事の対価として給与をいただくのは当然なことです。

長い目で見て余裕のある人生を送るためにも、クオリティの高い仕事を継続していくためにも、金銭面の後ろ支えは必要だといえます。給与と待遇については、就職前に確認しておいたほうがよいでしょう。

なお、小規模な医療施設や小さな作業所の場合、運営者自身も月々の給与をきちんと出すのが厳しいということもあるようです。

いざ就職してから困らないよう、最低限の条件を確認しておきましょう。

全体の平均年収は400万円未満

精神保健福祉士をメインとした相談員および指導員という立場の場合、正規職員(大卒者)であれば初任給で月給17万円程度となっています。

また、精神保健福祉士は非常勤職員での募集も多く、その場合、時給は900円に満たないところが多くなっています。

ちなみに、日本精神保健福祉士協会によるアンケートでは、精神保健福祉士の平均年収は400万円未満という回答が最も多く、次いで300万円未満です。

役職に就けば年収アップも期待できますが、全体としては高い収入を得ている人はそこまで多くないようです。

精神保健福祉士として活躍している人の多くは40歳未満であり、年齢が比較的若い分、それが年収の数字に現れているようです。

パートの場合は時給800円〜1,000円くらいとなり、ほかの一般的なパートの仕事とさほど差がありません。精神保健福祉士は国家資格ではあるものの、待遇面であまり恵まれているとはいえないかもしれません。

仕事体験談