精神保健福祉士の資格

医療現場で大きな期待

精神保健福祉士になるためには、国家資格を取得する必要があります。

この資格については精神保健福祉法によって定められており、厚生労働省が実施する国家試験を受けて合格することで、初めて「精神保健福祉士」として仕事をすることが可能です。

精神保健福祉士は、同じ社会福祉関連の職業である「社会福祉士」や「介護福祉士」と同様に名称独占資格といわれるもので、資格を取得していなければ「精神保健福祉士」と名乗ることはできません。

一度、資格を取得すれば半永久的に有効であるため、そこからは精神保健福祉士としての求人を探すことができます。

なお、実際の医療現場では、社会福祉士などが医療現場と離れているのと比べ、精神保健福祉士は病院での活動が多くなっています。

医師との関わりも深く、主治医の指導をどう扱うかについての判断も精神保健福祉士に委ねられているところが多いため、責任の大きい職業といえるでしょう。

まずは国家試験の受験資格を

精神保健福祉士国家試験は誰でも受けられるものではなく、受験のために、まず受験資格を得なくてはなりません。

これは、大学受験をするのに高校卒業資格がなければ受けられないのと同じイメージです。

精神保健福祉士になるには

しかし、精神保健福祉士国家試験の受験資格を得るルートは、大学受験をする際の条件よりもだいぶ複雑になっています。

たとえば、現役高校生であれば保健福祉系の4年制大学に進学し、所定の過程を修了することが一つにあります。

そのほか、一般の4年制大学を卒業したうえで、一般養成施設に1年以上通学するルートや、短大を卒業して実務経験を経験するケースなどがあります。

これから大学進学を検討するという人であれば、福祉系大学を卒業することが最も近道になるでしょう。

仕事体験談