精神保健福祉士になるには

国家資格が必要

「精神保健福祉士」を名乗って働くためには、精神保健福祉士国家試験に合格しなければなりません。

この試験は受験資格が必要となります。受験資格を得るための方法はさまざまですが、大きく分けて4つのルートがあります。

1.福祉系の4年制大学で所定の課程を修了する。
2.福祉系の短大で所定の課程を修了し、実務を1〜2年経験する。
3.一般の4年制大学を卒業し、一般養成施設に1年以上通学する。
4.一般の短大を卒業し、実務を1〜2年経験し、一般養成施設に1年以上通学する。

精神保健福祉士国家試験の難易度、合格率

最短ルートは福祉系大学

上記のように、精神保健福祉士になるにはさまざまな道があります。

一般的なのは、高校卒業後に養成施設へ進学し、必要な勉強をすることで卒業時に受験資格を取得するルートです。

養成施設にはいくつかありますが、学校で学ぶだけで資格がもらえるのは、保健福祉系の4年制大学です(1のルート)。

ここで「指定科目」(精神障害者の保険福祉に関する内容)を履修すれば、実務経験などは必要なく、すぐに国家試験を受けることができます。

福祉系短大や一般の大学および短大に進んだ場合には、所定の実務経験や養成施設でのさらなる学びが必要となります。

こうしたことから、もし現役の高校生が精神保健福祉士になりたいのなら、福祉系大学のうち、精神保健福祉士に関する指定科目を開講している学校へ入学するのが最短ルートとなっています。

なお、「社会福祉士」の資格を持っている場合は、試験内容の一部が免除されます。そのため、社会福祉士と精神保健福祉士の両方の資格の取得を目指す人も少なくありません。

※受験資格を得るための方法についての詳細および最新の情報は下記のリンクからご確認ください。
財団法人社会福祉振興・試験センター 資格取得ルート図

精神保健福祉士に一番求められる資質

精神科領域に特化して、障害者に寄り添ったソーシャルワークを行う精神保健福祉士になりたい人には、一般に次のような資質が求められます。

前向きな姿勢と優しさ

この仕事では、一般的なソーシャルワークを行っている社会福祉士と同様、クライアントが生活をしていくうえで立ちはだかっている壁を、一つひとつ解決していこうとする前向きな姿勢が大切です。

事務的な気持ちで業務を行うのでは、相手と心を通わせることもできません。

自ら心を開き、思いやりの心を持ち、積極的にクライアントやそのご家族と関わりを持っていこうとする姿勢が大切です。

とくに、精神障害者を取り巻く環境や状況は千差万別ですので、人の悩みや痛みを理解してあげられる優しさは不可欠です。

柔軟性かつ冷静さ

精神保健福祉士は、心に問題を抱えている人やその家族の人の援助を行う仕事のため、さまざまなことを受け止めることができる包容力や柔軟性が必要となります。

同時に、相談者の気持ちに寄り添いながらも、感情移入し過ぎないことも大切です。冷静さが要求される仕事だといえます。

忍耐力

クライアントが抱えている問題によっては、その解決までに時間がかかることもしばしばあります。

そのため、忍耐力や根気も精神保健福祉士として大切な要素の一つです。

就職先・活躍の場

精神病院や総合病院の精神科への就職が一般的です。社会的な需要はある資格ですが、病院経営が苦しいところも多く、採用数は多くはありません。

このほか、行政施設(保健所、保健センターなど)で公務員として働く精神保健福祉士もいます。

精神保健福祉士の今後の見通し

不景気の影響もあり、ストレスから心のバランスが崩れてしまう人が増えているといわれます。社会全体として「心の健康」について見直される機会も増えており、精神保健福祉士の役割は広がっています。

精神障害者に対する法整備も徐々に進んできており、国の制度に熟知した精神保健福祉士が今以上にさまざまなところで求められるようになると考えられます。

仕事体験談