精神保健福祉士の勤務時間・休日

勤務時間

精神保健福祉士の勤務時間は、勤務先の施設などによって異なります。

地域の保健所や福祉施設などで働く場合は、地方公務員としての勤務時間が設定されているため、基本的に「9時から17時まで」働くことになっているようです。

精神保健福祉士にとって代表的な活躍の場となる病院施設で働く場合にも、「8時半から17時半」もしくは「9時から18時まで」といったような時間帯で設定されていることが多く、行政機関で勤務する場合とさほど違いはありません。

ただし、夜間対応が必要な病院施設や社会復帰施設など、職場によっては「シフト制」となっており、当直のために月数回、寝泊まりしなければならないところもあります。

休日

公務員として働く精神保健福祉士の休日は、一般的な公務員と同じように土日祝が休みとなります。

ただし、保健福祉関係の行政機関では、週末に市民を対象とするイベントを企画運営することも多く、そういった場合は休日出勤をして他の平日に振替休日を取ることになります。

病院勤務の場合、休日は土日祝のケースとシフト制のところに分かれます。職場によっては平日休みが基本となることもあります。

残業

とくに病院勤務の場合ですが、人手が足りていないところでは、どうしても一人あたりの仕事量が多くなりがちなため、残業をしなければ追いつかないこともあります。

多少の残業はあると思っておいたほうがよいでしょう。

行政機関で働く場合には、残業は基本的に発生しません。実際に働いている何人かの1日の勤務時間を見てみても、定時通りに出勤して退勤するという人がほとんどです。

ただし、残業がまったくないというわけではありません。年度末や繁忙期には連日、遅くまで残務処理に当たることもあります。

仕事の時間以外では積極的に自己啓発のため、関連する業務のスキルアップに当てたり、上位資格の取得を目指したりという努力も大切でしょう。

仕事体験談