精神保健福祉士の実習

実習を通した学びが大切

精神保健福祉士になるために入る養成施設では、厚生労働省が定めたカリキュラムに沿って学習が行われています。

精神保健福祉士の場合、他の職業を目指すための医療系学校と同様に「実習」が実施され、これがとても重要な意味を持っています。

座学学習では、精神保健に関連する専門科目や福祉関連科目のほか、一般科目を広く学びます。

しかし、座学だけでは身につかないことがたくさんあります。

実際に先輩たちが活躍している現場での実習体験を通して、受験に必要な知識のみに偏らない、人間味のある精神保健福祉士を世に送り出すこと。

こうした考え方が、精神保健福祉士の養成課程では重視されています。

実習で職業への思いを確かめる

養成施設でのカリキュラムのうち、精神保健福祉援助実習は、合計28日間以上(210時間)必要とされています。

実際の仕事現場での体験を通して、学校で得た知識に深みを与えるとともに、本当に精神保健福祉士として頑張っていきたいのかどうかを、学生自身が振り返ることのできる大切な時間にもなります。

精神保健福祉サービスに携わろうとする人間は、多かれ少なかれ、精神障害者に対する考え方や相手とのコミュニケーションにまつわる悩みを抱えることになります。

学生の大半は「精神障害者」という人に対して、どう声をかけていいかわからない、イメージだけ膨らみすぎて身動きがとれない、という戸惑いを経験することがよくあるようです。

そんなとき、先輩やスタッフにサポートしてもらいながら実習体験を続けることで、将来現場に出た時に本当のやさしさを持って患者さんに接することができる下地を作ることができます。

実習体験を通じて、精神保健福祉士への受験意志がさらに確かなものになったという学生は多いようです。

実習は、単に受験にパスするだけでない職業への思いも確認することができるでしょう。

実習免除について

精神保健福祉士の実習は、学校への入学時に、指定施設で相談援助業務の実務経験が1年以上ある場合、原則として免除されます。

この指定施設とは、精神科病院、保健所、保健センター、精神保健福祉センターなどのほか、主として精神障害者を対象とした施設(障害者支援施設、地域活動支援センター、福祉ホームなど)となっています。

各施設において規定の職種が定められているため、詳細については各学校などに確認してください。

仕事体験談