精神保健福祉士になるための学校(大学・専門学校)

保健福祉系大学卒業が近道

精神保健福祉士になるルートはたくさんあるため、非常に複雑な印象を受けるかもしれません。しかし、これから将来を考えていく現役高校生であれば、福祉系の4年制大学を卒業するのが最短ルートとなります。

精神保健福祉士国家試験の受験資格を得るために必要となる履修科目には、「指定科目」と「基礎科目」の2種類があります。

指定科目は精神保健福祉士としての専門分野を学ぶ科目です。一方、基礎科目とは社会福祉士や介護福祉士といった福祉職に共通して求められる知識を学びます。

福祉系大学に入学し、指定科目を履修すれば、そのまま卒業見込みということで大学生のうちに国家試験を受験することが可能です。

もし入学先が指定科目を持つ短大(3年制あるいは2年制)の場合には、卒業後、養成施設に行く必要はなく、実務経験さえ満たせば(3年制の場合は1年、2年制の場合は2年)受験資格が得られます。

ただし、社会で需要が大きくなっている「社会福祉士」を養成する大学の数の多さに比べると、精神保健福祉士の指定科目をカリキュラムを持つ福祉系大学は、まだまだ少ない状況です。

社会福祉士の仕事

国公立と私立で在学中の勉強内容や就職後の流れに大きな差はありませんが、国公立大学は大学数や募集人員自体が限られており、難易度が高い傾向にあります。

卒業後でもチャンスはある

福祉系ではない、一般の大学や短大卒業者の場合は、一般養成施設と呼ばれる精神保健福祉士専門の学校に1年以上通い、精神保健福祉の基礎から学習する必要があります。

一般短大卒業者は実務経験を得なくては入学条件を満たしませんが、4年制大学を卒業した人の場合は実務経験がなくても一般養成施設に入学できます。

ただし、養成施設では1年間みっちりと学習を受けなければならないため、社会人として働きながらであったり、家庭を持つ主婦となると、勉強との両立は心してかかる必要があるでしょう。

ちなみに、社会福祉士の資格を持っている人は短期養成施設のみの卒業で受験資格が得られます。

精神保健福祉士になるための福祉系大学が数少ないということで、いったん社会福祉士になってから挑戦する道を選ぶ人もいるようです。

仕事体験談