青年海外協力隊の仕事内容

発展途上国でボランティアとして活動する青年海外協力隊。派遣国からの要請に基づき派遣される隊員たちは、現地で実際にどのような仕事をするのでしょうか?

青年海外協力隊とは?

青年海外協力隊は、国際協力機構(JICA)ボランティアプログラムのひとつです。JICAは日本政府から、途上国援助(ODA)の運用を任されている独立行政法人です。

金銭面やインフラ面だけの支援ではなく、日本の持つ高度な技術を人的リソースから途上国に伝えるというのが、青年海外協力隊の役割とされています。

プログラムでは、特別な技能や経験を持つ20歳から39歳までの青年層を、基本的に2年任期で発展途上国に派遣し、地域社会に貢献しています。

青年海外協力隊の仕事内容

青年海外協力隊が創設された当初は、井戸の設置や学校の建設のための人員など、ハード面での人材の募集も多くありました。

しかし現在は、日本で培った専門技術を、途上国の行政執行機関(県庁・市役所など)や各種学校で発揮する、専門性が高い人材募集が目立ちます。

現地に派遣されてからは、配属先の職場のスタッフと英語または現地言語でコミュニケーションを取りながら、期待されている役割をこなすことが求められます。

派遣されたボランティア人材が任期を終え帰国した後も、現地スタッフがボランティアから学んだ技術を継承していくことが目的です。

具体的な職種について

募集職種は国によって異なりますが、コミュニティ開発、教員補助、スポーツ指導員、農業指導員、などは比較的各国で共通して募集されている職種です。

最近ではIT分野の募集も増えてきており、別段何かしらの免許や資格を持っていなくても、IT企業でプログラマーを数年していた経験から、派遣先のパソコン指導員として活躍する、といった例もあります。

仕事内容は国と業種によってさまざまですが、大学での専攻や、社会に出てからの経験分野を、応募の際のアピール材料にするとよいでしょう。

青年海外協力隊員になって得られるもの

各種研修や金銭的なサポートがしっかりしている青年海外協力隊は、海外ボランティアプログラムの中では恵まれている環境といえるかもしれません。

それでも単独で発展途上国に赴き、慣れない言語を使って現地の同僚と2年間仕事をするのは、かなりの精神力と体力が必要とされる状況です。また、日本を2年間離れることで失うものも少なくないでしょう。

しかし、それ以上に得るものが大きいのだと任期を終えた参加者はいいます。

自分の滞在能力の発見、国内では得ることのできない新鮮な視点の獲得、海外で2年間仕事をしたという自信、どれをとっても一生を通じての価値があるのだと。

国際協力に興味があるなら、まずはJICAボランティアの「体験談&説明会」に参加してみるのもよいでしょう。