青年海外協力隊に向いている人、適性

環境適応能力

グローバル化が進んでいるとはいっても、海外で2年間暮らすのは大変なことです。ましてや発展途上国で、慣れない言語で現地の人と働くという条件が重なります。

そこでやはり、青年海外協力隊に向いている性格と、そうでない人というのは分かれるでしょう。

まず、派遣先のほとんどが発展途上国のため、日本よりも衛生環境が悪いことがほとんどです。国によってはトイレが水洗でないとか、シャワーがお湯ではないということも多いでしょう。

また、途上国でも地方はとくに、インターネット環境が整っていない可能性が高いです。

そういった不便に耐えられる人、むしろそういった普段では体験できない環境を楽しめる人が、協力隊員に向いているといえます。

語学的な能力

応募時には英語能力の証明だけでいいのですが、実際に派遣国が決まると、その国の言語を学習する必要があります。

ときには公用語と、実際に派遣地方で使われている方言の2ヶ国語を学ぶ必要も。

初めから対象言語を話せる必要はありません。派遣前にはしっかりした言語研修もあります。

しかし、他言語を楽しんで学び、向上させていきたいという強い意志がないと、実際の生活でとても苦労することになります。

業務上の適性

また、発展途上国での業務は、何事も計画通りに行かないのが当たり前です。

一緒に働く職場の人たちも、日本人から見ると「必要以上にリラックスしすぎている」「怠けている」ように見えることが多いでしょう。

仕事上の待ち合わせに相手が大幅に遅れてくる、最悪の場合待ち合わせに来ない、というハプニングも日常茶飯事のようです。

こういうときにイライラしてしまう人は、派遣先で過ごすのがだんだん苦痛になってしまう可能性があります。

日本のきっちりとした価値観を持ち込みすぎない人が、青年海外協力隊員に向いているでしょう。