青年海外協力隊員のつらいこと、大変なこと、苦労

インフラ面での苦労

青年海外協力隊が派遣されるのは、基本的に発展途上国です。途上国の中でも僻地に派遣されると、現地での生活は日本との生活とはまったく異なったものになります。

まずはインフラ面にショックを受けるかもしれません。

たとえば電気も上下水道も通っていない僻地に派遣されると、家の電気は発電機で、トイレは地面に穴を掘っただけ、という場合もあります。

しかしそれでも、その地域の現地の人から比べると、格段にいい設備なのです。

衛生状態はもちろんいいとは言えません。洗濯は手洗い、料理に使う水は雨水。そんな環境に暮らすわけですから、少しのことでは病気にならない強い免疫力が必要とされます。

孤独との戦い

派遣先で仕事を始めたばかりのころは、言葉や習慣の違いから周囲とのコミュニケーションが上手にとれず、また僻地の場合は周囲に日本人もおらず、寂しい思いをすることもあるかもしれません。

派遣先によってはインターネット環境が悪く、気軽にインターネットを使うことができないこともあります。そうなると、日本にいる家族や友人と連絡をとることもままならないでしょう。

また、日本と派遣先との往復交通費は、派遣時の日本-派遣先と、任期満了帰国時の派遣先-日本の分しか支給されません。

そのため、たとえば定められた長期休暇を利用して日本に一時帰国したくても、派遣先によっては時間やお金がかかりすぎて難しいケースもあるかもしれません。

派遣先に溶け込み、生活が充実してくるまでは、孤独に耐えられる精神的なタフさが重要になってくるでしょう。

同僚との文化の違い

現実として、日本人ほどチームワークを大事にしながら、周囲に迷惑をかけず、状況に気を配りつつ仕事をする国民は他にはいません。

この「日本式仕事スタイル」に慣れてしまっていると、発展途上国の職場では最初は苦労するかもしれません。

時間や約束を守らない、言ったことを忘れる、仕事を人に押し付ける、ミスを誤魔化す、などは日常茶飯事です。完璧主義者の人は、同僚のあまりのルーズさに嫌気が差すこともあるかもしれません。

しかし「そこは日本ではない」のです。常にこの言葉を反すうしながら、大らかな気持ちで仕事に臨むのがよさそうです。